Publisher Studio

2017/11/06

【ペッタン棒】 イメージセンサーのゴミを除去




先日の東京モーターショーで久しぶりに使ったSONY NEX-6。

車の写真はRX100を使用しNEX-6を使ったのはコンパニオンとユニコーンガンダム撮影のみで、
その時は気が付かなかったけど、先ほど清掃を兼ねてたまたま少し絞ってみたらF値11あたりから
画面の上にチリらしきゴミが写り込んでいることを発見。レンズ交換のときにチリだかゴミが混入したのだろう。
そこでこれまた久しぶりにPENTAXのイメージセンサークリーニングキットO-ICK1(通称ぺったん棒)を使って
センサーに付いたゴミを除去。

先端のオレンジ色になったベタベタした棒をイメージセンサーにペタッと貼り付けるとかなりの吸着力で
そのまま垂直に持ち上げるとカメラごとくっついてくる勢いなので、垂直ではなく少し斜めにした状態、
いわゆるシールを剥がすみたいな感じで使うと良い。
あとこのペッタン棒なのだけど、クリーニングシートをケチって使いまわしたり面倒臭がって
1回毎にシートに押し付けてやらないと余計にゴミが増えるので注意(過去に経験者済み)
ひとまずセンサー全体をペッタンしたお陰でゴミは綺麗に取り除くことができた。

ちょっと値段は高いけどそれなりに効果はあるので、一眼やミラーレスカメラユーザーならば
この手のクリーニングキットは1つは持っていても損はないと思う1品だね。