Publisher Studio

2017/12/07

---【麺は評価するけどね】 三ツ矢堂製麺@中目黒




中目黒駅の南口を出たすぐ近くにあるつけ麺の店「三ツ矢堂製麺」に行ってきた。
店の外には主なメニューと写真があるけれど値段が書いてないのは何故だろう?
所詮はつけ麺なのでそこまで高くないとは思うけど、なかなか強気だなぁと思ったり。

店内は黒基調のレトロで落ち着いた雰囲気。さすがは中目黒だよ洒落てるぜ。
全テーブル席(テラス席あり)の構成で大テーブルは相席必須。

メニューを見ると「鶏つけそば」「魚介豚骨つけめん」の2種類から選ぶことになる。
オススメは「全乗せマル得鶏つけそば(1,040円)」「濃厚チーズソースつけめん(1,020円)」とあるが
スタンダードな「魚介豚骨つけめん(810円)」にする。


なお注文方法として最初にスープベース(鶏または魚介豚骨)→トッピングの有無→
麺の太さ(太麺・細麺・全粒粉麺)→麺の量(大盛りまでは無料)→最後に締め方(熱もり等)を選ぶ。
ちなみに全粒粉麺の場合は160円増し、750gの特盛り110円増し、1,500g極盛りは440円増しとなる。
てか1,500gだとつけ汁が無くなりそうだよな。別注文でつけ汁だけあるのか?

太麺の大盛り、氷締めで頼んだ魚介豚骨つけ麺。

ピカピカと光った太麺は氷で締めたためかコシが強くてモチモチしている。
そしてほのかに小麦の甘さを感じるね。時間を置いても麺同士がつかずツルツル。

ゆずベースの魚介豚骨スープはドロドロではなくサラッっとしたタイプ。
故に麺とスープはあまり馴染まず、柚子の風味が強すぎて魚介豚骨の味が負けていたが、後からやってくる
甘い独特な風味は嫌いではなかった。あと中に入ったチャーシューは美味い。
むしろ麺の味を楽しむのであれば、これぐらいの薄さが良いのかもしれない。
冷もりのみ注文可能の細麺だったらもう少し印象は変わっていたのかも。

シメは業界初と推している「野菜だしスープ」を味わってみる。いわゆる割スープ。
そのまま飲んでみると薄いコンソメ野菜スープというか、野菜本来の甘みっぽさを感じるのだけど、
スープ割として使うと柚子風味に負けちゃっているな。

ぶっちゃけ並んでまで食べたい?と聞かれたら微妙と答えるよ。
しかし食べログの評価は高いんだよね・・・不思議だわ~