Publisher Studio

2018/03/19

---南国ホテル 和洋室(別館)の景観なしに泊まってきた【宿泊ブログ】




家族旅行で千葉は南国ホテルに宿泊。
プランは「【お花摘み割引券付き】1泊2食バイキング90分飲み放題付きプラン」というもの。
やっぱり春の南房総旅行と言えばお花摘みだよね(オレはあまり興味ないけど)
ところでスタンダードプランと何が違うのかと言うと単に割引券が付いただけ。

家族4人なので部屋タイプは本館の和室10畳(広縁付)和室二間(広縁付)、和室7.5畳と和室二間の
内風呂景観無し、別館アネックスの和室10畳と和洋室の景観無しが選べる。
ただ人気の本館和室二間広縁付きは空室が無かったので、別館にある和洋室の景観なしを選択。
(おそらく土曜日の本館の和室二間は旅行会社が押さえているので一般では取れないと思う)

案内されたのは別館311号室。
公式HPにある館内案内にも書いてあるが南国ホテルの和洋室は別館のみとなる。
景観無しとは書いてあったけど3階だったのでかろうじて海は見えた(ただし日の出は見えず)

シングルベッド2台と和室7.5畳の和洋室は既に布団が敷かれていた。


家族4人で泊まるなら十分な広さだね。ただこれが洋室のベッドが無く和室7.5畳だけとなると
4人で泊まるのは狭いな。たぶん添い寝の子連れ家族3人が限界。もしくは2名で7.5畳がギリギリだろう。

広縁を意識したらしき窓際のテーブルと椅子は何故か目の前が冷蔵庫という謎レイアウト。

座敷の奥にある障子の先には何故か砂利が敷かれたスペースとなっていた。これが和をイメージしてるのかね?

客室に風呂はあったが大浴場があるので使わず。

なんとなくレトロな感じで味がある。トイレも下がタイル張り。ただしウォシュレットは完備済み。
以前泊まった別館の洋室ツインはウォシュレットが無かったけど和洋室はちゃんとあって良かった。

テーブルには茶器とお茶菓子が用意されており、更に冷蔵庫にもゼリーが入っていた。
さすがホテルだよ普段泊まっているビジネスホテルとは違うね~

そういえば南国ホテルは伊東園ホテルグループでは珍しく館内及び客室内にwi-fiが飛んでいる。
おかげで娘や息子が持ち込んだswitchで遊べると喜んでいた。旅行に来てまでゲームってのもと思ったが、
露天風呂に入ったり夕食バイキングの後にゲーセンで遊んだり卓球したり予約したカラオケで歌ったりと
結局switchをやる暇が無いほど遊びに忙しかった。

ところで土曜日の宿泊客は殆どが家族連れと団体客。
平日は年配者の社交場となっているホールのカラオケ広場は誰もおらず、代わりに卓球台が大人気。

あと土曜日は夕食バイキングの時間が17:30~20:30までの3時間と長い。
そして恒例の会場並びも年配者が少ないせいか、開始10分ぐらい前で人が集り始めていた。
これが平日ともなると30分ぐらい前から並んでスタンバっている人がいるもんな。

料理の内容は普段の平日とあまり代わり映えしないかな?
唯一違うのはテーブル席にカードがあり、それで空室・使用中の識別をしているぐらい。

ちなみに座った場所は大広間では無く小部屋を選んだ。こっちの方が空いてて落ち着けて良いんだよね。
雰囲気的に予約席で埋まっていると思うが実は一般でも座れるのがポイント。ある意味バイキングの裏技。



帰り際に南国ホテルに泊まった感想を聞いたら「レトロな感じで居心地が良い」「目の前が海だから
夏に来て花火やりたい」「次はプールに入りたい」「卓球が良かった」「値段相応に納得して楽しめる」
「また夏休みに行きたい!」と、かなりご満悦で良かったよ。

値段も4人で32,000円と安いし、口コミにあった家族連れリピーターが多いってのも納得だね。