Publisher Studio

2018/05/29

【うっかり】 消費期限間近の味噌を買う@みのりの郷




千葉は東金にある道の駅「みのりの郷」で手作りの味噌(福ちゃんのお味噌)を購入した。

さっそく使おうと改めてパッケージを見たら、なんと消費期限が18.5.31となっている。
先週の金曜日(5/25)に買って期限が5.31って短すぎないか?

そもそも味噌でこんなに消費期限が短いものを商品としては出さないだろ。
単なる誤植なのか?と購入先である道の駅に電話をしてみた。

すると「誤植では無く実際の消費期限。新しい味噌(期限の長いもの)を手前に置いていたため
古い味噌が奥に残っていた。それを購入してしまったと思われる」と説明を受ける。

正直、賞味期限のラベルなんて買うときは全く見ていなかったよ。
まさかそんな期限ギリギリのモノを置くなんて思わなかったし、仮に期限間近ならば
見切り品で売るという先入観があったんだよね。

新しいものと交換するので引き替えに来て下さいと言われるが、遠方なので無理と断ると
着払いのクール便で送り返して貰えれば交換しますとのこと。

期限切れ間近のモノをわざわざ送るのかよ~と内心思ったけど、買ってないのに買ったと言い張る
クレーマー扱いされるのもイヤなので購入時のレシートと共に送り返すことにした。

そこでさっそく近所のコンビニに行くと、なんとコンビニではクール便は扱ってないと知る。
マジっすか!クールは営業所のみしか受け付けていないのか。
確かに冷静に考えれば宅急便用の冷蔵又は冷凍庫なんてコンビニに設置してないもんな。
幸いクロネコヤマトの営業所は21時まで開いていたので駆け込みで発送してきた。

しかし700円の味噌のためにわざわざ箱詰めして営業所まで行って手続きしてという苦労を考えたら
交換に応じなければ良かったかもしれないけど、未開封を破棄するのは心苦しいからね。

・・・今度からちゃんと消費期限を見て買うことにしようっと。