Publisher Studio

2018/05/09

【イモイモッ】 へこきまんじゅうを食べる




三重県は名張市「たまきや」の名物である「へこきまんじゅう」を土産に頂いた。
「たまきや」のある赤目四十八滝が忍者修行の里とのことでキャラクターは忍者、
名前は「忍者福笑門(ふくえもん)」正直あまり可愛くないが福を呼ぶため
タレ目の笑顔なのだそうだ。
へこきまんじゅうの種類は7種類あり、食べたのはプレーン味の「へこき」
インパクトある名前の由来は言わずもがな。芋食ってプー。

押し型は忍者の形をしているらしいけど、なんだかよく分からないね。

生地は人形焼きのカステラみたいな感じ。
中はスイートポテトというより、まんまサツマイモ。サッパリさせた味わいで
重量もあって食べ応え十分。レンチンしたりオーブンで温めて食べると
更に美味いとあったけど、普通に食べても美味い。

ただ1個食べた程度では「へこき」はすることないよね~

どうでもよいけど芋でオヨネコぶーにゃんを思い出した。イモイモッ