Publisher Studio

2018/06/04

【食肉センター】 タイムリミットは11時まで@神保町




神保町の食肉センターに行ってきた。
訪れた時間は10時半ちょい過ぎ。
流石に1時間前は少し早いか?と思いきや既に店の前に5名ほどスタンバっている。
平日しかも月曜日なのにもう並んでいるとはね。食肉センターの人気は衰え知らずだわ。
さて行列するタイミングを見ていると、だいたい10時45分ぐらいから人が並び始めて11時を回る頃には
ローソンの前まで列ができる。ここの時点でおそらく25人以上。
店内のキャパが38人なのでローソン近辺ならファーストロットで入店できる可能性が高いが
それ以降(いもや跡地の前)になると2ロット目の入店となり、必然的に開店の11時30分から
45分以上は待たされる計算になる。

食肉センターの売りである朝採りハツとレバは100人前後までしか用意されていないため、
場合によっては食べれないこともあるのだろう。ただ実際100人前ってどれぐらいなんだろね?
1人がCセットを4皿食べる計算だとしたら25人が入ったら終わっちゃうじゃんね。
しかもハツやレバをダブルで注文されたらもっと少ないのか?

・・・ということで食肉センターでハツとレバをガッツリと堪能したければ遅くとも11時までの
ファーストロット列に並んでないと厳しいっぽい。

さて久しぶりに味わう朝採りハツ&レバーのCセット。ご飯は少なめ。
前は「一気にまとめて焼くな」と注意書きがあったけど、今は無いのかな?
トングが無かったので皿から肉を鉄板の上にザザーッと流し入れてのまとめ焼きだったが
今はトングが付いているため1つ1つ乗せて焼くようになって注意書きが消えたのか。

切れ目にエッジが立ちピカピカと光ったハツとレバは新鮮そのもの。
とはいえ牛ではなく豚なのでしっかりと火を通して食べる。肝炎になったら困るもんな。

オレの焼き加減の目安はレバの表面に赤い血みたいなもの(血ではなくミオグロビン成分)が
浮き出ればしっかり火が入って安心して食べられると思っている。
ただしハツもレバも分厚いので焼くのに時間がかかるのが難点。だいたい5分ぐらいか。

隣を見るとめちゃくちゃハイペースで食べていて、それ生じゃないの?って心配になる。
焼き加減はだいたいこんな感じだった。いくら新鮮でも危険じゃないのかねぇ。
途中で塩麹もも肉を注文していたが、さすがに店員から「よく火を通してお召し上がりください」と
言われていたよ。レバやハツならともかく鶏肉を半生で食べるのは無茶があるだろ。

今回は終始Cセットのみの注文で4皿。自分の中では割とハイペースで食べていたと思うが
肉が分厚く火の通りが悪いため、どうしても時間がかかるんだよね。
半生上等って人はもっといけるのだろうけど、リスクを冒してまで食べるのも怖いと思ったり。
まぁ人それぞれだけど、美味しく腹八分目ぐらいで満足するのが食べ放題の醍醐味じゃないかな?

そういえば開店直後の看板が前日(6/3日曜日)でよく見ると「ハツお休み」「レバ24人前」とあった。
まさか市場が休みの日曜日や祝日はハツがお休みだったりレバの入荷も平日よりも少ないのか??