Publisher Studio

2018/06/05

【絶景風呂】白子ニューシーサイドホテル




千葉は南九十九里の白子町にある「白子ニューシーサイドホテル」に再び宿泊。
以前のブログはコチラ
プランは前回と同様に「ビジネス応援♪天然温泉でゆったりプラン!【会場食】」で、
和室トイレ・バス洗面無し。案内された部屋は301号室。


これまた前と同じく10畳の広々した和室。1名ではなく3名ぐらいでも余裕の広さ。
テーブルも広いので同僚数名と集まって2次会も余裕で可能だった。

ホテル自慢の3種ある貸し切り展望露天風呂だけど今回は見晴らしの良い「天使の梯子」を
借りることが出来たので雰囲気を紹介。



一番端っこの風呂なので九十九里浜と白子の町が見渡せる。そして地球は丸いのだと
再認識できる眺望はまさに絶景。空も海も見える。ただ下を覗くとコンビニ駐車場なので
あまり明るい時間だと覗かれそうな気がしないでもない。

なお他の風呂は隣同士が隣接して風呂場内の音が丸聞こえだけど、ここの風呂はリネン室を
挟んでいるため風呂の音が聞こえないので落ち着いてゆっくり入ることが出来た。
やっぱり隣からチャプチャプと水音が聞こえると気になるもんね。

夕食はスタンダードプランでもお品書き付きの豪華料理。


初めての時は感動したけど、先日同系列の「ニューカネイホテル(ブログ参照)」に泊まったときに
あまりにも料理が豪華すぎて白子ニューシーサイドホテルの夕食が少し劣って見えてしまった。
手の込んだ料理で味もボリュームも良かったが、やはりニューカネイに軍配が上がるな。

しかし朝食バイキングに限ってはこちらの方が種類が豊富だった。



セルフで焼くアジ干物と目玉焼きは同じだけど、山芋とろろがあったりチャーシューがあったりと
合宿で若者が泊まるためか全体的に少し洋風、そしてご飯ガッツリ食べちゃう系のおかずが多い。

ただ一度ニューカネイの方に泊まってしまうとやはり白子ニューシーサイドホテルは設備的や
大浴場そして夕食が見劣りするので「目当ては展望露天風呂でイチャコラ」って人はこちらに
泊まり、そうでなければニューカネイが個人的にはオススメの宿だと思った。