Publisher Studio

2018/07/22

【改悪?】 リニューアルした郎郎郎(さぶろう)に行ってきた@町田




2ヶ月ぶりに町田の郎郎郎(さぶろう)ラーメンに行ってきた。

遠目から外観が微妙に違っていることに違和感を覚えつつも入店。
どうやら店内からメニューからリニューアルしたらしい。

新しいメニューはファイヤー系と「さんま」「オマール海老」の油そば、つけ麺がラインナップから消えて
代わりに「まぜそば」「タンメン」「有頂天」「男気」という名の辛い系が主体となった。


また新たに「肉丼」「麻婆丼」という丼ぶり飯系が加わったのと、今まであった日替わり無料トッピングの
「おにぎり」が無くなり半ライス120円ライス180円、そして全体的に微妙な値上げとなっていた。


オーダー時の無料トッピングでは辛揚げが消え、ニンニクと生姜は卓上からのセルフとなる。
ただし野菜マシは変わらず。あと男気マシなるものが加わった。
(男気が何なのか分からないが、おそらく辛い野菜のことだろうと推測)

注文したのは「つけ麺の大盛り(820円)」
特に味の好みは聞かれなかったけど、今までどおり脂の量や麺の硬さは選べたのかも。

グツグツと煮えたぎる熱々のスープの味は脂が大量に浮いたもの。
そして相変わらずスープの味は甘い。脂の甘さなのか?喉が乾いてしまう。


麺の上には単に茹でただけの味のしないチャーシューとその歯切れ。あとモヤシのみ。
また2枚あったチャーシューは今は1枚だけ。随分と簡素である。 
今までつけ麺は野菜マシが出来なかったけど、「郎郎郎」マークが付いているので今度からは
出来るようになったのかね。

中太の平打麺はモチモチするもの、中途半端な長さで食べにくい。
丼ぶりの底の方には僅か3cmにも満たないような短い端切れが大量に入っていた。
うーん、なんだか適当だなぁ。

スープの甘みに嫌気が差して途中から卓上にある青かっぱ漬けをトッピングにして食す。
この塩気が妙に美味しく感じてしまった。かっぱ漬けが無かったら完食は厳しかった。

本来であれば、今までラインナップにあった「つけ麺」は味が変わらないはずなのだけど
今日は大きなブレかスープが妙に甘かったのと麺の端切れが入っていたので、正直イマイチ。
あと追加トッピングでお願いした揚げの別皿も忘れていたもんな。
一番気になったのは店員(男・女)同士が厨房内にて大きな声で私語をしていたこと。
最初は客の声か?TVの声か?と、つい周りを見回してしまったよ。

今までラーメン二郎のインスパイア系としては個人的には好きだった郎郎郎だけど、
新たにリニューアルして蒙古タンメン中本インスパイアを意識した辛い系のラーメンを
推すようになってしまい、辛いのが苦手な自分としてはちょっと足が遠のきそう。
味も微妙だったし無料おにぎりトッピングが無くなったのも痛い。あと店員の私語ね。

なんでこんな感じにリニューアルしちゃったのかなぁ?オレ的には改悪だったな。