Publisher Studio

2018/07/01

【車のキズ隠し】伝説のGT88スクラッチリムーバーを使う




久しぶりに洗車してきた。
思えば2月の車検前に洗ったきりだから実に4ヶ月ぶり。

ただ我が愛車は常にボディーカバーに覆われているので花粉や水垢は殆どなし。
しかしカバーの宿命か、いくら裏地が起毛であってもボディの一部分が擦れてしまい
年月が経つと黒いシミのような水垢汚れのような割と目立つ傷?が入ってしまう。

これがかなり厄介で、単に水垢クリーナーやコンパウンドの入ったワックスを使っても
なかなか落とすことが出来ない。

そこで深夜のTVショッピングで有名な車体の傷隠し剤スクラッチリムーバーGT88を使って
汚れを落とすことにした。ちなみに10年ぐらい前に買ったものなんだけど未だに使える。


なお、どんな小傷や擦り傷でも消せる(目立たなくする)ってワケではなくて、
爪で触れたときに凹みの抵抗を感じないキズなら消せる程度のもの。
ガリ傷や深めの傷は流石に消せるはずないし、もしも消えたら板金屋が要らないわな。


ひとまず洗車でゴミや汚れを落とした後にペースト状になったGT88をタオルに出して
軽く塗り込むだけ。これで不思議なくらい傷が消えていく。どういう理屈なのかは謎。


傷になった部分が溶けているのか?しつこい水垢ぐらいなら一発だよ。
あとはコツン程度のミラー当たりでも消えるんじゃないかな?

固形ワックスのコンパウンド程度では全く落ちなかった汚れも綺麗サッパリ。
仕上げにワックスを塗ってコーティングすれば完璧だね。いやぁ美しい。

ただCMのように自転車のブレーキレバーで付けたガリ傷やカートが突っ込んで出来た傷は
たぶん落とせないんじゃないかな?
テロップに「ひっかきキズはおまかせ」とあるけど自転車はどうみてもガリ傷だよね。
あとドアパンチの傷ね。
しかし当時は2本で7,800円の送料別だったのに、今はアマゾンで2,858円か。
随分と安くなったもんだよな~