Publisher Studio

2014/05/30

カレー粉うんめー! 【野郎ラーメン@町田】



先月、町田にオープンした野郎ラーメンに行ってきた。
場所は小田急町田駅の東口を出たら徒歩30秒ぐらいに位置する。
黄色に黒文字で目立つ看板なので見落とすことは無い。
また、店の隣には焼肉ホルモンで有名な「いくどん(本店)」がある。
訪れたのはお昼を過ぎた午後1時半。
平日のこんな時間でも店内はそれなりに賑わっていた。

入口に写真入りメニュー看板が置いてあるので、予め何にするか決めてから入店。
店に入るとタッチパネル式の食券機あり。
メニューがゴチャゴチャと書かれているため、ちょっと分かりづらい。
しかしサポート役として店員の女性が丁寧に教えてくれるので問題なし。

注文したのは「野郎ラーメン(680円)」
麺を中太か極太かを選べるため、店員さんにオススメを聞くと極太を推される。
無料のトッピングはニンニク増し・背脂増し・化調増し・かえし増し。
二郎と違って野菜増しは有料(50円)となる。

座席はテーブル席と横長のカウンター。後ろに荷物置き場あり。
カウンター席でなければ子連れでも大丈夫かな?

卓上には酢・パンチ汁・コショウ・唐辛子・カレー粉・刻みニンニク。
水も卓上に置かれたコップから給水ポットで注ぐ方式。
ラーメンを食べると喉が渇くので、目の前にポットがあるのは良いね。



席に着いてから約5分で野郎ラーメンの登場。
思ったよりも器が小さく、ラーメン二郎をイメージしていただけにちょっと拍子抜け。
高く盛られた野菜はモヤシがメイン。平べったいチャーシューの厚みはそこそこ。
ドンブリの下に皿は敷いてあるけれど、特に零れることも無い。

炒めたモヤシは香ばしくなかなか美味い。
極太麺は固め指定しなかったけど、しっかりした歯ごたえでコシもある。
スープ表面に背脂が大量に浮いていて、最初は「揚げ玉か?」と思ったぐらい。
味は甘しょっぱい。言うなれば、すき焼きのタレみたいな感じ。
卓上のパンチ汁を少し入れてみたけど、単にしょっぱくなっただけだった。

そこでカレー粉の存在を思い出し、少しだけ振り掛けてみた。
なんだこれ?カレー粉合うじゃんか。美味いじゃんか。
甘めのスープで飽きていたのだけど、カレー粉を入れたら化けたね。
スモジで「和っカレー」と言うカレー粉を別皿で出して貰えるメニューがあるのだけど、
なるほどカレー粉は合うんだな~。

あまり入れすぎると単なるカレーラーメンになってしまうので、麺の上に少しずつ振り掛けて食す。
いやぁ~気に入っちゃったよカレー粉。
家系ラーメンで初めてニンニクを入れた時以来の衝撃だったわ。

そういえば野郎ラーメンの男性店員達は大声で喋るため、非常にうるさい。
「○○入りまぁ~す!」「うぃー!」みたいな体育会系のノリっての?変なテンションっての?
マスクもしないで大声で話しているからラーメンに唾が入っていそうでイヤだった。
あと私語がかなり多いのな。あれは感じ悪いわ~

懲りずにまた行ってみるとしたら、今度は汁無し野郎ラーメンだな。
それで再びリピートするか判断しよう。