Publisher Studio

ラベル 外食 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 外食 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019/01/18

【桂林】三浦海岸駅前で新年会@メニュー表あり





三浦海岸駅前にある本場中国料理の味「桂林(けいりん)」なる中華料理屋に行ってきた。
訪れた時間は平日20時頃。
新年会の2次会として行ったのでコース料理ではなく全て単品注文。

注文したのは「冷製の盛り合わせ」から始まり「豆苗炒め」「油淋鶏」
どれも無難な味でこんなもんかな?的な。ただ冷製の盛り合わせは1,500円と少し値段が高い。

・・・というか、全体的に単品メニューはどれも高い。
なんとなく中国料理の店は「日替わり半額」や「今週のオススメ」などリーズナブルな料理を
何品か用意しているイメージがあったのでそう感じたのかも。

そして店の一推しらしき「四川風マーボー豆腐(激辛)(1,100円)」を注文。
石焼鍋に入って沸々しており見た目も赤茶色でいかにも辛そう。


食べるとこれがホントに激辛でビックリ。
粒々とした花椒(ホワジャン)いわゆる四川山椒がたっぷり入っているため、辛さの余韻が凄い。
他の料理を食べても口の中が麻痺して味が分からず。余程でなければ1人で食べるのはオススメしない。

最後のシメで「上海醤油入りチャーハン(800円)」と「スーラータン(800円)」を注文。

醤油チャーハンはパラパラというよりベタッっとした仕上げ。
具はシンプルでネギと卵そして細切れチャーシューが少し。味も普通かなぁ?
800円という値段の割に炒飯の量は少ない。
むしろ地元(相模大野)の吉好亭にあるチャーシューチャーハンの方が量も多くて黒いかも。

スーラータンは胡椒が利きすぎて酸っぱいと言うより辛い。

トロミもあまりなくて・・・なんだかどの料理も微妙な感じ。ピカイチ旨い!ってのは無かった。

ちなみに11~15時までのランチメニュー(冬季限定サービスメニュー)なんてのもあり。
主に麺類と半チャーハンのセットで税込み900円とのこと。
過去の食べログ(2015/02 )を見ると半チャーハンはお替わり自由なんて書いてあったけど真相は謎。

今年も2月中旬から三浦海岸の河津桜シーズンを迎えるので、駅周辺で無難に昼食を取るのであれば、
「桂林」のランチなら安いのでアリかも。ただし夜は微妙・・・




2019/01/13

【やよい軒】しょうが鍋を余すことなく堪能する





やよい軒で期間限定の「しょうが鍋定食(890円)」を食べてきた。
・・・ホントは久しぶりにとりカツ定食が食べたかったのに今はラインナップから外れているのね。
生姜鍋とは言うけど、よくある豚肉と白菜の鍋にすり下ろした生姜が乗せてあるもの。

塩味ベースのスープは出汁がよく利いている。
そこに生姜を溶かして飲んでみるも生姜独特のピリッとした味わいは感じられず。
リンガーハットの野菜たっぷりに付いてくる生姜ドレッシングのような辛みを期待していたけど、
想像していた味とちょっと違ったな。これなら家でも作れるよ。

何故か付け合わせとなっているアジフライ。
肉厚で小骨もなく上手に揚がっている。それを卓上のウスターソースで食べたけどなかなか良いね。
ウスター気に入っちゃったよ。

最後はお替わりしたご飯に漬物を乗せて鍋にインの雑炊シメ。余すことなくしょうが鍋を堪能。
関係ないけど近くに座った人が店員さんに「ご飯は丼に盛って」と頼んでいたのでなんのこっちゃ?と
見ていたら、カツ丼を入れるドンブリにご飯を入れて持ってきた。
ご飯お替わり自由なのに、なんでそんなことをするんだろうか?お替わり行くのが面倒なのかね。




2019/01/12

【クックら】ラーメン食いかけ経過の写真ってどうなの?閲覧注意?





相模大野の家系ラーメン「クックら」がツイッターのフォロワー数2,000人突破記念の
サービスとして、本日(12日)と明日(13日)に限りラーメン1杯500円で提供。
昨日もらーめん花楽で食べちゃったけど、500円にて営業でしょ?そりゃ行くでしょ。
訪れたのは開店11時ちょっと過ぎ。
昨年、1周年記念で1杯390円サービスをした時は店の外まで行列が出来ていたので、
今回も行列が出来ているか?と思いきや、開店直後だったので列は出来ておらず。
ただし店内は既に満席状態。さすが人気店だけのことはある。
ちなみに客層は常連らしきからファミリー層、1人で来る女性客も意外と多い。

注文したのは中盛り(600円)を麺硬め、油少なめ、味薄め。
500円は普通盛りのみで中盛りは100円増し、大盛りは200円増しの計算となる。
なおスペシャルデーなので食券は一部のみ有効。トッピングも限定のみ。
ただ不思議だったのはチャーシュー増しが普段だと100円なのになぜか200円増しになっていた。

今日はほうれん草サイド乗せVer
・・・ってまぁセンターでもサイドでもどっちでも良いんだけどね。

一見するとほうれん草の量は少なめだけど、実は下にかなり埋まっている。
過去にトッピングでほうれん草増しにしたらドンブリ半分以上を占めてて驚いたっけ。

スープは油少なめ、味薄めにしたのでかなりライトな仕上がり。
通常だと自分には少ししょっぱく感じてしまうのだ。
ただ薄めではあれどスープのキレというか濃厚さは健在。中太麺に絡んで最高に美味い。

周りがピンクに染まった燻製チャーシューは言わずもがな。
途中で食べるか最期に食べるかで悩むも、やはり美味しい口でフィニッシュを迎えたいので
最後にいただく。
・・・と、言いつつも、ホントの最後はラーメン酢を入れたスープで締めるんだけどね~

話は変わって麺を箸で持ち上げて撮影する「麺リフト」していた人が近くに居たのだけど、
個人的にはなんだか食いかけ写真っぽくてあまり好きじゃないんだよね。
それがピンボケだったら全く美味そうに見えないし、しかも食ってる途中経過の写真まで撮ってたし
自分の視界に入ってなんだか落ち着かなかったわ。

いわゆる写真を見ている人も食べているように思えるライブ感を出してるらしいけど、
はっきり言ってそんな写真ぐらいでライブ感を感じたことって一度も無いよ。
極めつけは食べ終わったドンブリなり皿の写真を撮るのって意味あるのかなぁ??
食い散らかし後を見たって全く面白くないし汚いよ・・・閲覧注意だよ・・・

そもそも食うたびに忙しなく写真を撮ってたら美味しいラーメンも台無しだろうにねぇ




2019/01/11

【らーめん花楽】侮れない塩バターの旨さ@相模大野





新年会の帰り道。

どうしてもラーメン食べたい欲求に負けて相模大野のらーめん花楽に行ってきた。
注文したのは塩バターらーめん(600円)
メニュー表をよく見ると「塩バターらーめん」と書かれた頭に白地で「太麺」と書いてある。



他のラーメンもよく見ると「細麺」とある。全く気が付かなかったよ。
ちなみに太麺は「味噌系」と「塩バター」で他は全て細麺となっていた。

久々に食べるらーめん花楽の塩バター。そもそも花楽で塩バター以外を食べたことがないかも。
あと前は黒いドンブリで家系ラーメンを真似しているのかと思ったが、再び元に戻っていた。
いわゆるチェーン店のラーメンではあるが、これが侮れない味なんだよね。
特にスープのスッキリした塩味がトッピングのモヤシとワカメに程よい塩加減を加えて
妙に旨く感じるのだ。
またモチモチした中太麺に馴染んでくるのにイイ。

途中、レンゲの上に退避させておいたバターをスープに溶かして食べると塩味スープが
濃厚でコク深い味わいに変わって実に美味いんだわ~
塩分を欲する身体がスープを完飲してしまいそうになるが、ここは気力で抑える。

超絶うまい!ってほどのラーメン屋ではないけれど、相模大野駅の周辺で深夜1時まで
営業しているラーメン店は花楽と武骨家の他にないので、小腹が空いていたり飲んだ帰りの
シメに食べるならオススメです。




2019/01/08

【HAL ヤマシタ】究極のローストビーフを食らう@大手町ランチ




大手町タワー(オーテモリ)にある「HAL YAMASHITA大手町lounge」に行ってきた。
小洒落た雰囲気なのと客層の殆どがOLなのでオッサン1人で入るのは憚れるが、今日は大手町で働く
奥さんと待ち合わせをしての同伴。まぁ奥さんに誘われなきゃ行くこと無かったけどね。

公式HPのランチメニューには書かれていないが、お目当ては「究極のローストビーフ丼」
奥さんいわくランチ数量限定の人気メニューとのこと。



なお炭水化物ダイエッターのためご飯をレタスに変えたレタス丼なんてのもある。

注文したのは冬期限定「大粒薫り牡蠣フライとローストビーフ丼(1,280円)」
それにみそ汁&漬物セット(120円)を付けた。

ハルヤマシタ特製オニオンビーフソースは全体にかかっているのではなく、薄ピンクのローストビーフの
一部に少し添えられた程度。ただ卓上に各調味料ソースがあるので自分で調整が可能。

また肉は全体的に乗っているのではなくピンポイントで4箇所。
その上にかきフライが2個とタルタルソースが大量にかかっている。

自ら究極を歌うだけにローストビーフは実に柔らかい。モキュっとした歯ごたえの後から肉の
旨味が口の中にじんわりと広がっていく。あーこりゃ確かに旨いわ。
特にオニオンソースがイイ。卓上にある玉ねぎのみじん切りを乗せて食べると更にイイ。
もちろん玉ねぎの辛みは皆無。シャリシャリした歯ざわりにソースと肉が相まってめちゃ旨いわ~

かきフライも大粒と言うだけあって、これまた大きい。
よくある衣で偽装して大きくするなんてセコいことはしておらず、中身がぎっしり。
そしてこのタルタルソースが絶妙な酸味なんだよね。
最初は「並盛りご飯240gって少ないから大盛り300gにするか?」と思ったけど、このカキフライ2個が
ボリュームあって、むしろちょうど良かったかも。
ただカキフライが無いと男性の場合はご飯240gは少し物足りないかな?

店の雰囲気的に洒落ているので優雅にランチを楽しみたい感はあるが、店の前には常に行列が
出来ているのでちょっと慌ただしいんだよね。まぁ大手町ランチなんてどこの店舗もそうか。

しかし久しぶりに奥さんとランチデートしたけど、たまには良いもんだな。




2019/01/05

【1,000kcal以上】リンガーハットの麺2倍(400g)





相模大野の家系ラーメン「クックら」がツイッターのフォロワー2,000人突破記念と称して
4日~6日までの3日間ラーメン1杯500円で提供とあり、今年最初のラーメンを飾る一杯は
クックらに決定と意気込んていたが、まさかの店主の体調不良で1/5と1/6は臨時休業。
もう完全に胃の中が麺類を欲する身体になっていたので超絶不完全燃焼。

他に相模大野周辺のラーメン屋といえば「武骨家」「ちゃーしゅーや武蔵」「清勝丸」「鼎」
「揚州商人」「CHABUTON」「らーめん花楽」などなどあるが、どれも食欲をそそられない。

そこでふと思いついたのが「長崎ちゃんぽんリンガーハット」
かれこれ2年近く足が遠のいていたので、かなり久しぶりに行ってきた。

注文したのはスタンダードな「長崎ちゃんぽん(590円)」の麺2倍
ちなみに店舗によってだが相模大野店は野菜たっぷりや皿うどんも100円増しで麺2倍に出来る。

普通よりも一回り以上大きい器に入って出てきた長崎ちゃんぽん。
見た目ではそれほど大きさは感じないけど、麺が通常の200gが400gになっているだけあって
食べても食べても減っていかない。正直ちょっと途中で飽きてくる。
野菜たっぷりならば柚子もしくは生姜ドレッシングが付くので味変して楽しめるけど、
単なるちゃんぽんだと麺2倍は苦しいわ~さすがは1,000kcal超えだけあるわ~
願わくば長崎ちゃんぽんにドレッシングだけ付けたセットが100円増し程度であれば嬉しいな。

ところで今のリンガーハットは「まぜ辛めん」なんて商品を出していたのね。
隣の人がそれの麺2倍で頼んでいたのを見てちょっと美味しそうだと思ってしまった。
自分もまた来ることがあれば、今度はまぜ辛めんの麺2倍に挑戦してみよう。




2018/12/30

【尾張屋】昼から優雅に飲める蕎麦屋@相模大野




相模大野では穴場と噂されている蕎麦処「尾張屋」に行ってきた。

場所は行幸道路(県道51号)を相模大野から町田方面に行く途中。
確かに近隣住宅と同化しているので店は目立たず穴場と言えば穴場っぽい。

目印として近くにセブンイレブン。相模大野駅から歩くと10分ぐらいの場所。
5台分の駐車場があるので行くなら車が楽。

ランチは11時から15時まで。通常セットメニュー以外にランチ用もあり。
秋冬の季節限定として牡蠣南蛮と牡蠣鍋うどんが10月から3月まで。





昼から一品料理をツマミに酒を飲んでいる優雅な年配の方をチラホラ見かけた。
蕎麦屋で飲むとか粋だねぇ。

注文したのは「大もり(710円)」
大盛の割にちょっと量が少ない気がする。これならセットにすれば良かったと後悔。

白く透き通った蕎麦は手打ちじゃないので非常に細くなんだか素麺のような感じ。
コシは意外とありプツンプツンとした歯ごたえ。ただ蕎麦の香りは皆無だね。
また麺つゆには出汁はあまり感じられず若干しょっぱめ。

ビジュアル的には品があって良いが、ガッツリ食べる人は単品だと向かないと思う。
やはりセット(ランチではない方)で天丼なりカツ丼なりと一緒に食べたほうが良いな。

もしくは冷酒と一品料理で軽くやって、最後のシメで蕎麦ってスタイルが合ってるね。
相模大野周辺で昼から優雅にそういうことをやれる蕎麦屋は少ないのでアリかも。