Publisher Studio

ラベル 外食 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 外食 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019/04/18

【麺が長くなった】リニューアルつけ麺が美味かった@クックら





相模大野の家系ラーメン「クックら」に行ってきた。

予てより公式ツイッターにて「つけ麺の麺がリニューアル。コシともちもち感がパワーアップ」と
あったので気になっていたんだよね。

なので迷うこと無く「つけめん(800円)」を選択。

Twitterサービスの麺増量で中盛りに変更。味薄め脂少なめ。
更に別注で野菜盛り(100円)を大盛りにした。

ほどなくしてリニューアルしたつけ麺が登場。
つけ麺はチャーシューが3枚なのね。うち2枚は燻製Ver。しかも分厚い。

しかもスープの中には切り落としコロコロチャーシューが入っている。
以前食べた時はスープが異様にしょっぱかったが、味薄めなのでしょっぱさは皆無。
ただし脂少なめでも表面に膜を張る油分あり。

つけ麺をプレーンのまま啜るとコシが凄い。
そして今まではブツ切り麺(短い)だったのに今度は1本が長い状態。これはイイ。
また、つけ麺というと麺が温かい「あつもり」を提供する店も多いが、ちゃんと水でシメてある。
もちろん麺同士がくっつくなんてお粗末なことはなし。さすが。

ところで前に中盛りでも若干量が物足りなさがあったので今回は野菜盛りを別注して補った。
大盛りはドンブリにすりきり一杯入っているので食べ甲斐もバッチリ。
モヤシが大部分を占めるけどネギ、ニンジン、キャベツも入っているのは嬉しい。
茹ですぎでヘナっておらず適度にシャキ感があるのも良いのだ。特にキャベツが美味い。
途中にアクセントで野菜の上に刻み生姜を乗せて食べるとピリ辛感が増してオススメ。

リニューアルつけ麺、個人的には大満足の仕上がりでした。やっぱクックら美味いわ~




2019/04/16

【薬味マシ】ぐぅラーメンの真骨頂@千葉県東金市





千葉は東金のソウルフードと言っても過言ではない「ぐぅらーめん」に行ってきた。
訪れたのは平日12時ちょっと前。駐車場はほぼ満車。
故に店の前には行列が出来ており相変わらず人気の高さが伺える。

注文したのは「ぐぅらーめん(650円)」に薬味大盛り(130円)
麺を硬め味を薄めでお願いする。

丼のほぼ半分を占める薬味(玉ねぎ)大盛り。おそらく玉ねぎ半分はあるだろう。
味を薄めにしたので醤油のしょっぱみが若干薄れてスープが飲みやすい。喉も渇かない。
同席したメンバーのスープと比べても明らかに薄くなっている。

・・・とはいえ、普通の醤油ラーメンよりは味は濃いし麺も焼きそば色に染まるほど。
しかしスープに浸った玉ねぎの甘味がよく分かるようになった。

安定のトロフワなチャーシューは厚めに切られて2切れゴロン。
噛みしめるたびに肉の旨味が口に広がって実に美味い。
ただ普通のぐぅらーめんが650円でちゃーしゅーめんが1,100円と450円増しなので
余程チャーシュー好きでなければ頼まない。が、それを差し引いても美味い。

ぐぅらーめんの薬味マシは麺を全て食べ終えてから始まる。
むしろ醤油スープに染みた玉ねぎを食べるのが真骨頂と言っても過言ではない。たぶん。
麺の大盛りよりも薬味大盛りの方がなんとなくヘルシーってのもある。


最後になるけど、いつかぐうらーめんの元祖といえる梅乃家で竹岡式ラーメンを食べてみたいな~






2019/03/28

【モヤシお通し】やきとり ひさご@衣笠





衣笠駅の近くにある「炭火やきとり ひさご」で二次会。
2次会のため軽く飲んで焼き鳥をちょこっとつまむ。

メニューを見ると焼き鳥1本100円(抜き)と安い。アルコールも生ビール1杯500円と良くある相場。


単品料理も200~300円の相場。この手の店はやっぱり安いな。

まずはお通しでタッパに入ったモヤシが提供される。量はかなり少ない。

1本100円だけあって肉は小ぶりだけど炭火の香りが良い。
レバ、ハツ、タン、砂肝を頼んだら人数分ずつを1皿にして提供する気配りは良かった。

だけど気になったのは会計時。
その時は酔っ払っていて気にしなかったが、翌日に改めて値段を見るとどうもおかしい。

お腹もいっぱいだったので、4人で行って注文はビール2杯、サワー4杯、焼き鳥12本だけ。
・・・にも関わらず会計は5,400円。

普通に考えてビールで1,000円、サワーで1,600円、焼き鳥1,200円の合計3,800円。
それが税込み会計5,400円ってことは税抜きで5,000円。
お通し代を忘れてたけど、そうなると小さなタッパに入って300円×4=1,200円ってこと?

メニューでは安いな~と思ったけど、改めて計算したらちょっと高くてビックリ。
焼き鳥1本100円でモヤシのお通し300円。
まぁ立地が駅チカってのもあるし、チャージと言うか場代かね。
もしかしたら店員さんが料金を間違えたって可能性もあるもんな。

しかしあまりお通しの値段って聞かないけど、そう考えるとカットっていう人の気持ちも分かる気がした。




2019/03/27

【4,500円コース】大庄水産で送別会をしてきた@横須賀 衣笠店





JR衣笠駅から徒歩1分の場所にある大庄水産(衣笠店)にて送別会。
コースは「大庄水産コース4500円(税込)」の料理は全6品で3時間飲み放題付き。
更にプラス300円で特選地酒3種飲み放題も追加。

アルコールメニューはかなり豊富なラインナップ。
ホッピーやカクテル、ワインにサワー各種。大葉と唐辛子を入れた金魚ハイまである。
個人的には塩レモンサワーが美味くて終始そればかり飲んでいた。

特選地酒は高清水、菊水の辛口、浦霞。飲みホにも日本酒はあるけどコップ酒では味気ないし
やっぱり海鮮系にはちょっと良い日本酒だよね。なおドリンク提供スピードは可も無く不可も無く。

まずは先付けで出ていた蟹味噌甲羅焼き。
カニカマをカニ味噌で味付けしたものでチープと思いきや割と美味い。これ家でも真似しよう。

続いて名物の「ぶっかけ寿司こぼれ盛り」の登場。まさか最初から飯モノが来るとはね。
ただコース料理なのでサイズは小さめ。通常はもっと大きいのだそうだ。
海鮮類の下には小さな巻物が3つ敷いてあった。

メインとなるのが浜焼き七点盛り合わせ。浜焼きという名でもウインナーとネギが入っている。

ウインナーは煙が立つのでアルミホイルを敷くように説明あり。
なるほど・・・確かに海鮮焼きだと煙は立たないけど肉系は煙が立つもんな。

ズワイガニは切り込みが入れてある配慮。だが細すぎて身もパサ。雰囲気だけだね。

ちなみにネギはコンロに付いている銀色の足?を跳ね上げると焼き鳥モードになるのだ。
というかこれイワタニの炉ばた大将だよね。

金目鯛煮付けはサイズは小さいものの甘辛くて美味い。そして食べやすかった。
しかし3時間飲み放題で料理が出てくるペースがあまりに速いのだ。6品中わずか1時間足らずで既に4品。
残り2時間の場を持たせるため追加オーダーも考えたけど、寿司こぼれ盛りが効いて食が進まず。
やはり最初に飯モノが出るとダメだね。仮にまた行く機会があれば「寿司は最後」にとお願いしよう。

ラスト1時間で海鮮塩焼きそばの登場。
もうこの辺から味を覚えていない。ただ帰る頃には皿が空だったのは覚えている。
始めは4,000円のコースを考えたけど浜焼き4品だし2時間飲み放題なので、結果的には浜焼き7品で3時間の
飲み放題が付いた4,500円コースにして正解だった。あと+300円で地酒を付けた方が満足度は高いね。




2019/03/26

【しゃぶ葉】ランチなら豚ロースに限るね!@相模大野





相模大野しゃぶ葉で平日ランチ。
平日に限りランチタイムは16時までの時間無制限。
ゆえに店内は主婦やママ友グループで大盛況。女性客だけで80%超えていただろう。

オーダーは前にディナーで牛&三元豚コースを頼んだときに出てきた肉があまりにも悪かったので、
一番無難な「豚肩ロース(1,299円)」を選択。
選べるスープは新たに追加された「ローズマリー香るレモンのオリーブオイルだし」にした。

まずは肩ロース2枚の提供からスタート。

最初の肉質は悪くないのに追加注文から肉質がガタ落ちした事があったけど、今回は特に変わらず
安定した肉質の提供となった。
やっぱり日によってなのか、オープン直後の繁忙期ディナータイムだったからなのか?
普通に食えるし美味いし今度からロースでも良いかも。

あと今日は1人なのでレモンのオリーブオイルだしの方で肉、基本だしの方で野菜を食す。
これだと灰汁を取る手間が省けるのだ。

ところでしゃぶしゃぶキクラゲって美味いね。気に入ってしまった。
レモンの浮いたオリーブオイル出汁は非常に爽やかで豚ロースに良く合う。
タレもレモンガーリックだれに刻みネギを入れてのレモンづくし。


さっぱり出汁にさっぱりタレでガッツリ12皿ほど食す。これぐらいで腹八分目。
がっついて食べすぎて気持ち悪くなるのは避けたいし、ワッフルも食べたいし。

ちなみに12皿のうち、小さな肉はあれど質の悪い肉は一切なかった。
もしかして女性客が殆どの時間帯なので変な肉を出したら噂が広まるから?と勘ぐったりして。

女性客と言えば近くに座っていた主婦4人組が昼間から情事というかエロトークに花を咲かせていて
平日昼間のファミレスもこんな感じなのかと思ったよ。なんとも刺激的なランチだったぜ。






2019/03/24

【下痢る】加齢による家系ラーメンリスク@クックら





相模大野の家系ラーメン「クックら」に行ってきた。

訪れたのは日曜日の12時半頃。
タイミングによっては階段の下まで行列が出来ているが今日は並びなし。

注文は「ラーメン(700円)」
直前までリニューアルした「つけ麺」と悩んだが、ラーメンにした。
ツイッターサービスにて麺増量の中盛りに昇格。麺は固め、脂少なめ、味薄め。

ちなみにツイッターサービスとは「クックら@cookla0907」をフォローすると、
営業1時間ぐらい前にツイッターサービスの内容が呟かれ、それを食券提出時に言うと
サービスを受けれるというもの。
まぁ殆ど「麺増量」「味玉」「のり増し」なんだけどね(フォロワーじゃなくても可っぽい)
ただ突発的な臨休、裏クックら、限定丼、持ち帰りコロチャーなどの情報を入手できるので
クックら好きであればフォローしておくと良いと思う。

さてラーメン。

味は薄めとはいえ、まだ自分にはしょっぱいかなぁ?
豚骨醤油の深みとコクがあって美味いけど半分ぐらい食べ進むと喉が渇く。
ライスやまぶし丼の注文率が高いのも納得。いわばご飯に合う濃度。
また脂少なめではあるがスープ表面はまだギト感が残る。仮に脂ゼロだったらどんな味なんだろね?

ところで1~2年ぐらい前から家系ラーメンを食べた後にお腹を壊すことが多くなった。
ラーメン二郎を食べた後は驚異の下痢率100%だったけど、家系は違ったんだけどな。

二郎の場合は脂とニンニクだろうというのは理解できるも、最近はクックらを食べた後も
1時間ぐらい経つとお腹が痛くなってくる。

一説によると「水の飲み過ぎ」「脂の大量摂取」「かん水(添加物)」「ニンニク刺激」とあるが、
ニンニクも入れてないし脂も少なめ、水も2杯程度。それでも下痢ってしまう。
もしや生姜の入れすぎ?でもこれぐらいの量だったら焼きそばにも乗ってるもんなぁ。
牛丼を食べるときなんて、これの倍ぐらい紅生姜乗せて食べても平気なのに。

やはり麺にコシを与える「かん水」が原因か?
でもカップラーメン食べても大丈夫だし、脂の大量摂取なんて言ったら唐揚げもトンカツも、
更にはアヒージョだって食べたら下痢るでしょ。

・・・とはいえ、やっぱり加齢による脂の消化不良が原因なのかね?
お腹が痛くなるリスクのを考えると、今後はトイレのある場所も考えて食べなきゃならんと思うと
ちょっと切ないよね。でもつけ麺だったらどうなんだろ?今度はつけ麺で検証だな。