Publisher Studio

ラベル カメラ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル カメラ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018/09/10

【アークマーケット】デジカメがプチプチ梱包だけで送られてきた




今が底値(44,850円:9/8現在)と言われているPanasonic DMC-GX7mk2を買った。

注文したのは価格.comにて最安値だった「アークマーケット」という会社。

まだ価格.comへの出店年数は1年と短いが、ショップ評価を見ると投稿数168件と多く
再利用率も96%と高かったこと、そして物損故障(落下や水没)の付いた延長保証サービスで
通常だと年数が経つごとに修理上限金額が下がるのだが、アルファバリューというところの保証は
3年間100%の金額保証をしてくれる「プレミアム物損保証3年」に加入出来るのが決め手だった。
しかも修理品の往復送料や引き取りも無償対応してくれる。

あまり聞いたことの無い保証代行会社だけど、2010年ぐらいに設立した会社なので少なくとも8年は
経営しているし、あと3年間ぐらいは倒産することは無いでしょ。たぶん。
仮に倒産してもどこかの関連会社が事業譲渡を受けて引き継ぐでしょ。たぶん(2回目)
・・・というか、落としたり自然故障しないことを祈ろう。

それはそうと「アークマーケット」から送られてきたGX7mk2。
普段Amazonの過剰包装に慣れていたからかプチプチに包んだだけの簡素な梱包で驚いた。

雑貨等ならともかく精密機器はダンボールに入れての2重の梱包じゃないのかねぇ?
一応は「取扱注意」のシールは貼ってあったけど、心配ですぐに動作確認したよ。

これがヤフオクだったら評価に「どちらでもない」が付けられても文句は言えないよな~






2018/03/03

【CP+2018】 最初からアウトレットに並んでみる




パシフィコ横浜で開催の「カメラと写真映像のワールドプレミアショー(CP+)」にカメラ仲間と行ってきた。
今年はこれといって特に見たい触りたいというカメラやレンズやブースが無いので、メインの展示会場ではなく
最初からアウトレットコーナーのあるアネックスホールに並んだ。

朝一だと何か掘り出し物があるのか、意外と人が多い。特にフォトアクセサリーアウトレットコーナー側は
人が大勢並んでいるので人数の少ない中古カメラフェア側に並ぶ。会場内は繋がっているんだよね。

10時の開場とともに各自が走り出すので、なにもそんな焦らずとも・・・と場内に入ったら、
アウトレットコーナーの一部に人だかりの山。
近づくとケンコー・トキナーのブースでフィルターが激安で売られていた。

各種サイズに分けられた箱の中にPLやND・MCなど色々ある。通常8,000円で売られているPLフィルターが
破格の2,000円とかメチャクチャ安い。そりゃみんなダッシュするわな。
この手の商品はヤフオクで転売したとしても値崩れしないので、それ目的の人もいるのかもね。



他はカメラバックやケースがメインで売られている。こちらも格安。
アウトレットというか在庫処分セールだよね。




三脚やレフ板、ストラップなどもあり。

中古カメラの方はフィルムカメラや二眼などがメインで置いてある。値段はピンきり。


あと中古レンズも多い。自前のカメラにレンズを付けての試し撮りは出来るのかな?

1時間ばかりアウトレットコーナーを堪能したので展示会場に向かう。
ただ先程も書いたけど見たいカメラもブースもないので、スタンプラリーをしながら適当に
気になったブースを見て回ることにした。
面白かったのはドローン(PHANTOM)を作っている「DJI」ブースにあったカメラ用のスタビライザー。

どんなに手で揺すっても全くブレること無く実に滑らかで安定している。これは凄い。
販売員に話を聞くとファントムに付いているジンバル技術を活かして作成したとのこと。

あとはドローンも小型化して値段も安くなり一般ユーザーでも買えるモデルの展示あり。

Amazonで調べたらコンボ(フルセット)でMIVEC Proが17万、AIRが13万、SPARKが7万だった。

ちょっと値は張るけど自分で操作しながら空撮できるのは絶対に楽しいと思う。
田舎の山間部とか飛ばしたら面白いだろうな。

そういえば今年はニッチ系なブース(忍者レフや組立撮影ボックス、3Dプリンタ実演など)が
あまり目立たずに残念。カメラは何れ家電量販店で触れるがアクセサリー系はこの手のイベントじゃないと
話が聞けないんだよね。あと無料で撮影してくれる日本写真館協会も出店していなかった。

最後に大さん橋で開催中の「お苗場」にシャトルバスで向かう。
去年はBankART Studio NYKという貸倉庫みたいなところだったけど、今年は元に戻ったんだね。

本来であれば御苗場は別に行かなくても良いかな?とカメラ仲間で話していたけど、中華街に行く都合上、
時間がまだ余っていたので行くことになった。
ただもう数年前からお苗場は方向性が変わってしまい、展示してあるのは殆どポートレート。
あとネコと謎スナップ。同人誌的なノリの作品は殆ど見かけなくなってしまった。
また心なしか見に来る人も例年よりも少なくなったような?
そういえばスタンプラリーで高級ポテチを配るイベントもやってたけど、なぜポテチなんだろね?

来年はシャトルバスと時間があれば見に行くけど、そうじゃなければもう行かなくて良いかな・・・





2017/11/12

【天下第一峰】 鳥居とコマさんと富士山と




先週、出張で山梨の富士吉田から神奈川の湯河原まで箱根越えしたときのこと。

カーナビが県道401号線のルートを案内したので素直に従ったら、これがまた車幅は狭いわカーブはキツイわ
芦ノ湖スカイラインを走らされて金は取られるわで大失敗。
後から地図を見直せば国道138号線の乙女道路→国道1号線を通って行けば良かったんだね。

ただ401号線の途中に「しるこや」と書かれた東屋っぽいところを発見。
なんとなく雰囲気が良さそうなので立ち寄ってみた。

なんで鳥居と狛犬が?と思ったけど、富士山がメチャクチャよく見えるスポットだった。
おそらく天下第一峰とは「日本一の富士山がよく見える峰」って事なんだろう。多分。
ちなみに峰とは山の高いところって意味ね。



ちょっと離れたところでも撮影。空気が澄んでて富士山がよく見えるよ。
これで山頂部に雪がかかっていればもっと良かったな~





2017/11/06

【ペッタン棒】 イメージセンサーのゴミを除去




先日の東京モーターショーで久しぶりに使ったSONY NEX-6。

車の写真はRX100を使用しNEX-6を使ったのはコンパニオンとユニコーンガンダム撮影のみで、
その時は気が付かなかったけど、先ほど清掃を兼ねてたまたま少し絞ってみたらF値11あたりから
画面の上にチリらしきゴミが写り込んでいることを発見。レンズ交換のときにチリだかゴミが混入したのだろう。
そこでこれまた久しぶりにPENTAXのイメージセンサークリーニングキットO-ICK1(通称ぺったん棒)を使って
センサーに付いたゴミを除去。

先端のオレンジ色になったベタベタした棒をイメージセンサーにペタッと貼り付けるとかなりの吸着力で
そのまま垂直に持ち上げるとカメラごとくっついてくる勢いなので、垂直ではなく少し斜めにした状態、
いわゆるシールを剥がすみたいな感じで使うと良い。
あとこのペッタン棒なのだけど、クリーニングシートをケチって使いまわしたり面倒臭がって
1回毎にシートに押し付けてやらないと余計にゴミが増えるので注意(過去に経験者済み)
ひとまずセンサー全体をペッタンしたお陰でゴミは綺麗に取り除くことができた。

ちょっと値段は高いけどそれなりに効果はあるので、一眼やミラーレスカメラユーザーならば
この手のクリーニングキットは1つは持っていても損はないと思う1品だね。





2017/11/05

【サイコフレームの輝き】 お台場ユニコーンガンダム撮影




東京モーターショーの帰りにお台場ダイバーシティのユニコーンガンダムを見てきた。

ビックサイトからダイバーシティまでは徒歩2.4km。30分ぐらいかかるので迷わずタクシー乗車(料金1,050円)

ネットで写真は見たことはあったけど、やはり実物を見ると大きくて迫力があるね。
そしてなによりサイコフレームのピンクの光がカッコイイ。
下からライトアップしてあるので全体的に明るい。手持ち撮影でも十分な光度。
ただ本格的に撮るならば三脚はあった方が良いかも?

全長21.7m(デストロイモード時)だけあって足元からは胸部装甲と重なって顔がよく見えない。
少し離れたところで撮影すると全体と顔が入るのだけど、人も入る。

週末というのと我々と同じくモーターショー帰りに立ち寄る人がいるためか大勢の人で賑わっていた。
でもユニコーンガンダムを知っている人がこの中に何人居るのかは謎。

スリムだったRX-78ガンダムと比べてユニコーンは全体的にゴツゴツしている。



また各部にデカールがベタベタ貼ってあるのもオタク心をソソられる。
ただしそれが何を意味するのかは分からず。殆どがCAUTIONばっかりだけどね。

バックシャンもこれまた良いんだわ。バックパックの作り込みもなかなか。
改めてユニコーンガンダムって格好いいわ。最初はなんでユニコーンなの?と思ったけど実物いいわ。

スケジュールを見ると夜の部は19:30から21:30までの各30分ごとに立像演出がある。
しかし夕食を取るために変形イベントはスルー。
ところで20:30の「翔べ!ガンダム2017」って何だろう?とyoutubeで見てみたら、壁面映像で
RX78とユニコーンが手を取り合ったアニメシーンが流れるのね!
せっかくならば着地したシーンが2機とも揃っていたら鳥肌モノだったろう。

さて、食後に再び戻ってくると今度は緑色のライトアップ仕様となっているではないか。
おぉ、ウラガン、これはこれでいい物だ。

もし次にまた来て撮影するならば青空をバックや夕暮れを狙うのも良さそう。
あとユニコーンモード時も見てみたいな。




2017/09/21

【かにが沢公園】 木漏れ日の曼珠沙華@座間(相武台前)




今日から少し遅めの夏休み5連休。

たまたまポスティングされていたショッパーという地域情報誌に「彼岸花を見に行こう」という
特集が組まれており、見ると座間市緑が丘の「かにが沢公園」で12万本の曼珠沙華が咲き誇ると書いてあった。
場所も小田急線の相武台前駅の南口から徒歩5分と近いので行ってみることにした。


かにが沢公園には無料の駐車場があるけど彼岸花シーズンは人気が高くて殆ど満車状態。

あと年配の人が多いためヘタに車をぶつけられても困るので電車で行くのが無難だろう。
(駅側から歩いていくと彼岸花のある場所まで公園を縦に横断する形になる)

土手には大量の彼岸花が咲き乱れている。
ただホントに12万本もあるのかは微妙だけど年配カメラマンで賑わっていた。





ここの公園の彼岸花は赤だけではなく白とピンクも混在している。
てっきり赤が枯れてピンクっぽく見えるのかと思っていたけど違ったのね。

気に入ったのは一部の花に木漏れ日が当ってスポットライトのように照らすため非常に綺麗。





ただ既に開花ピークを過ぎているので少し弱っている花が多かった。

とある老夫婦の会話に耳を傾けると今年は開花が例年より早かったそうだ。
そうなると今週末(9/23)に開催される「曼珠沙華 鑑賞のつどい」はちょっと残念かもね。
そうそう上記の写真を見ても分かるように、彼岸花は土手に咲いているのと植え込みがあって近づけないので
カメラというかレンズは望遠を持っていった方が良いと思う。



やっぱり木漏れ日のスポットライトと後ろが土手でバックが暗くなるのは良いな。
来年は開花ピークを狙って行ってみよう。

※昼食はアンル・サムで佐世保バーガー