Publisher Studio

ラベル 店舗 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 店舗 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018/10/29

【末広】ナニコレ珍百景に出ていた中華まん屋@横須賀




昨日TV番組のナニコレ珍百景で「玄関で待ち続ける中華まん屋さん」として紹介された、
横須賀市は須軽谷にある「中華まんじゅう 末広(SUEHIRO)」に行ってきた。


店舗は看板が貼ってある急坂を降りればすぐに分かる。

番組中では滅多にお客が訪れることは無いと放映されていたけど、さすがはTV効果もあって
今日は噂を聞きつけた人で賑わっていた(行列を作るほどではないけど)

そのため本来は3種類ある中華まんのうち豚肉包(豚まん)のみで、あとは売り切れとのこと。
TVで見たとおり腰の低いプリティなお婆ちゃんが「今は冷蔵しか無いけど、事前に連絡を頂ければ
蒸かしたのを用意しておきます」と教えてくれた。

ところで営業時間がAM8時からPM7時と書いてあったが、TVでは10時から営業していると言っていたので
「朝は何時からですか?」と聞いたら「10時過ぎくらいからボツボツやってます」と返答あり。
8時なら会社に行く前に寄って昼飯代わりに1個買っても良かったど10時じゃ無理だわな。

ちなみに玄関の横にはカリンと柿が置いてあってご自由にお持ち下さいと書いてあった。

せっかくなのでカリンを1個貰おうと思ったけど、持ったら手がベタベタしたので止め。

さて、購入した豚肉包(豚まん)

直径13cmと大きく中華街の肉まんぐらいあるんじゃないかな?

手間はかかるけど一番美味しく召し上がれますと書いてあった蒸し器で蒸かしてみた。
レシピには醤油とカラシと酢で作ったタレの記載もあったが、あえてプレーンの状態で食べる。

具材はちょっと甘めに味付けされた豚挽肉にタケノコとタマネギのみのシンプル構成。
この皮のフワフワした食感がなんとも言えず。しかもこのボリュームで食べ応えバッチリ。
息子も娘もペロリと完食し「また買ってきて~」のリクエストを受けた。

会社から原付で10分と近い距離にあるので、今度は豚まんと一緒にあんまんも買ってみよう。

でもホント、まさか民家で中華まんを売ってるなんて思わなかったよね。
TVでやらなかったら入るのを躊躇しそうだけど、これからは気兼ねなく入れるようになったな。





2018/08/15

【ヘビー級】Gelafruでクレープ全品300円@相模大野



相模大野ステーションスクエア内にあるクレープ&タピオカの店「Gelafru(ジェラフル)」では
毎週水曜日を「クレープの日」と称して全品300円で販売とあったので買ってみた。
メニューを見ると値段の相場は340円~540円とそれなり。
店員さんに「一番高いメニューでも大丈夫ですか?」と聞くと大丈夫の返事を貰えたので、
540円の「Wクリームいちごチョコソース」と「Wクリームバナナチョコソース」そして490円の
「タルタルツナレタス」を購入。

そういえばメニュー表に「選べる5種のソース」と書いてあったけど特に何も聞かれなかったのは
商品名に「チョコソース」と書いてあったからかね?
もしかして言えばチョコソースを止めて練乳に変更可能だったのかも。
当然作り置きなんてことはなく、その場で焼きたてを提供してくれる(持ち帰ったけど)
さて、イチゴとバナナクレープはさすがWクリームだけあって、どっしり重く分厚く食べ甲斐あり。
軽食というより昼飯としても十分に満足できるボリューム。まさにヘビー級のクレープ。
これで300円と考えると非常に安い。皮がモチモチしてて普通に美味い。


フード系のタルタルツナレタスはレタスとツナがたっぷり入っている。
※翌日に昼飯として食べたけど、もっちりした生地に最後(奥)まで具が詰まっててケチってない

今まで気に留めていなかったけどジェラフルのクレープなかなか良いなぁ~
ただ300円で売っているのを知ってしまうと定価で買うのは抵抗あるけどね。




2018/08/02

【小玉なら100円】 三浦スイカの穴場@カインズ三浦




この時期になると三浦半島のあちこちで三浦スイカの路上販売が行われる。

しかし値段を書いていない店舗が多いため、ちょっと寄ってみて価格を見てビックリ!
スーパーで売ってる値段と殆ど変わらないじゃん。なんてことがしばしばある。

農産物直売所の「すかなごっそ」や野菜の里「須軽谷(すがるや)」は有名だけど、
正直に言うとモノによってはそこまで安いと絶賛するほどでもない。
また農家のやっている無人販売店もあるが、スイカが置いてある店舗はあまり見かけない。

そこで穴場なのが「カインズホーム三浦店」の入口にある地場野菜の直売コーナー。

小玉スイカであれば、なんと100円という驚きの安さ。まさに激安。思わず3個も買っちゃったよ。

店のおばちゃんに「なんで安いんですか?」と聞くと、「少し傷があるから」とのこと。


これぐらいの大きさの方が冷蔵庫に丸ごと入るし、なにより食べきりサイズってのが良い。
食べてみたら普通に甘くて美味かった。

ただ直売コーナーは毎日の営業ではなく「木・金・土」のみなので、行く場合は曜日に注意。
また遅くとも午前中に行かないと売り切れている可能性があるので、行くなら早めがオススメです。
ちなみに開店時間は9時半からなので10時頃なら売り切れていないかも。




2018/03/24

【2018春祭り】 あられちゃん家の春祭りに行ってきた




千葉は茂原(千葉工場直売店)にある「あられちゃん家 春祭り2018」に行ってきた。

人気イベントだけに駐車場は第二・第三が開放され誘導員まで出動するほど大盛況。
幸い第三が空いていたのでそちらに駐車する(裏から入れるのでこっちの方が楽)

普段はプレハブ内の店舗で売られているが、祭り開催時は外での販売もあり。
簡易レジも外にあるので店内に並ぶ必要はない。

商品ラインナップだけどチラシにも書かれていたようにお祭り限定特価品がズラリと並ぶ。



ただし1箱100円という人気のおかき(お一人様1種につき1ケース限り)は既に売り切れ。
代わりに1箱200円で10個入ったラッキー明太マヨおかきが売っていた。単品でも20円なんだけどね。


あられちゃん家に来たら必ず購入する「五穀で元気(180円)」は朝食にピッタリ。
すんごい人気と書かれているように箱売りもするようになったんだね。

密かに人気だったのが外で売っているたこ焼き。
6個入り1パック200円は激安だわ。行列にも納得。ただ1人2個までとなっていた。


他にも無料のおしるこや手焼きせんべい、つきたて餅やハムカツコロッケなど従業員さんが総出で販売。
焼きそば100円、サモサ100円、コロッケ2個100円、ハムカツ1枚100円、たこめし150円と、とにかく安い。

ただしお祭り期間はせんべいの試食が出来ないようになっていた。
確かに試食があったら混雑が凄そうだもんね。
お祭り限定特価の煎餅だけでなく、たこ焼きや焼きそばなどの軽食売店も充実しているのが良かったな。







2018/01/19

【2時間がベスト】 無料送迎バスで行くおふろの王様@町田店




土曜日出勤の代休で本日はお休み。

そこで以前「ぱど」に付いていた「おふろの王様(町田店)」半額チケットが今月末までだったので行ってきた。
以前はJR町田駅だけだった無料送迎バスも今では相模大野と古淵も出るようになって便利になったよね。

到着したのは11時半過ぎ。平日にも関わらず駐車場は殆ど満車。

館内に入ったら靴を預けて自動精算機にてチェック。
年会費無料・無期限の会員カードを挿入すると通常メニューの他に会員クーポンメニューがあるので押下。
「ぱど平日半額クーポン(390円)」を押してチケットと共に今回持ってきたクーポンをカウンターに提示。
見ると色々なクーポンがあるんだね。東京都市町村職員共済組合は180円だって。
他にもLINEクーポンで350円、さるびあタウンクーポンなんか100円だよ。安いなぁ。
けどさるびあタウンってなんだろね?とググったら町田市勤労者福祉サービスセンターだって。へー。
更にはシャンポッポは0円。シャンポッポ?あぁ入口にあったキャラクターか。
調べたらキッズステーションのコラボ企画なのね。

ところでおふろの王様はフェイスとバスタオルのレンタルタオルセット(220円)があるので
手ぶらで来ても良いのだけど、どうせなら自宅からタオルを持っていけば節約となる。
バスタオルなんて大きなのは要らないので、普通のタオル2本(1本は風呂、1本は風呂から出たら)で十分。
あと館内着が無いので風呂を何度か楽しみたい人はTシャツに短パンがあると便利。
・・・とはいえ、帰りのバスの時間を考えると2時間も滞在していれば満足かな?

さて、お風呂の様子は公式の写真だけでは分かり辛いので簡単に説明すると、外風呂が2つ(露天風呂・壺風呂)と
内風呂が5つ(高濃度炭酸泉・ジェット・リラクゼーション・ストロング・水風呂)

露天は褐色に濁ってトロミ感があり体がヌルヌルというかテカテカする。野外に大型液晶テレビがあるので
長時間滞在しても飽きないのは良い。
つぼ湯は温度がぬるめではあるが、足を出して大の字で入れるのでまさに王様気分。
特にザバーっと溜まったお湯を出すと優雅な気分になれる。

内風呂は高濃度炭酸泉が大人気で中央にある浮石の周りをグルリと囲む形で入る。
ただ思ったほど炭酸の効果は見られずシュワシュワと体に炭酸が付着することもなし。
なんでこんなに人気なんだ?と不思議に思うが、とにかく人が切れることはなかった。

次にジャグジー関連なのだけど、ジェットバスとストロングバスの違いが分からず。
水深が1mあるストロングバスは腰の辺りを攻めるけど、ジェットバスはどれ?って感じ。
あとは寝ながら入れるリラクゼーションバスね。
確かにスーパー銭湯ではないので風呂の種類は少ないのか。

あとはサウナが2つあって、1つは通常のサウナでもう1つは富士山溶岩蒸風呂というもの。
富士山溶岩蒸風呂なんて名前だけど要はスチームサウナ。
中央に塩が置いてあって身体に擦り込むと発汗作用があって良いと書いてあるが、誰も塩を塗っていない。
正直、平日のこんな時間に来る客層は殆どが年配の方なのでスベスベ肌は必要としていないのかも。
そういえばスチームサウナ入口の右隣にある縦長の黒っぽいメッシュセンサーに水をかけると
スチームが強制的に排出されて室内がメッチャ熱くなる・・・ということを常連っぽい年配者がやっていた。
なんとなくロウリュウの熱波を思い出したよ。でもこの裏技なかなか良いわ。気に入った。

風呂を楽しんだ後はお食事処でビールを一杯やりたいところだったけど、バス時間の関係で飲めず。
14時15分のあとは16時15分と流石にあと2時間も滞在するのは飽きるよ。
ちなみに料金表とメニューはこんな感じ。


通常と会員価格ではそこまで値段に大差はないけど、先程も書いたけど年会費も無料だし無期限で使えるので
作っておくことをオススメ(ただし初回は100円かかる)

10~14時まで平日限定ではあるけどお得なランチメニューなんてのもあるのね。

最後になるけど、風呂の数は少ないも1,000円以下で無料送迎バスもあって2時間楽しめると考えれば安いのかな?



2017/10/10

【炭火が香る】 やきとり鳥新@茂原アスモ




晩酌のツマミで茂原ショッピングプラザアスモにある「炭火やきとり鳥新」の焼き鳥を購入。

サービスセットと書かれたカート内には593円で焼き鳥7本が入ったお買い得品や唐揚げ等あるけれど
焼き鳥は必ず鶏皮が入っているんだよね。
オレは鶏皮が好きじゃ無いし、その分の代金を考えると単品で好きなモノを買った方が良いのかな。

焼き鳥の相場は100円~150円。ただし殆どは1本100円が多い。

カウンター内にある焼き鳥は塩味となっておりタレの場合は別途タレ入りの容器が貰える。

なお焼き鳥は炭火で焼かれている。やっぱりガスより炭火の方が香りが良いもんね。
購入時に「温めますか?」と聞かれるが、すぐに食べるわけではないのでそのまま持ち帰り。
もしもすぐ食べるのであれば炭火で再加熱してくれるっぽい。

タン、ハツ、レバをメインに何本か買って自宅オーブンで軽く温める。

やはり内臓系なので時間が経つと肉質は固くなり噛み応えは出てしまうが、肉の味は良いと思う。
特に炭火の香りがなんとも言えないんだよね~ビールも進むよ。

ところで「焼き鳥はカラシで食べる」と言ったところ、「ウソでしょ?七味じゃないの?」と驚かれたが
相模大野「ほがらか」は皿の横に練り辛子を添えてくれるのだ(今はカラシ付けて無いけど)
それから「焼き鳥=練り辛子で食べる」が定番になって、もうずっとこの食べ方なんだよね~