Publisher Studio

2014/07/19

東林間 西口まつり 2014



今年も東林間で開催される西口商店街まつり。

天気予報によると本日の天気は昼過ぎから雨だったけど、運良く15時ぐらいから
雨が上がってきたので行ってみることにした。
なお、今年のお祭りの開催日時は7月19日(土)と20日(日)の14時から22時まで。
東林間西口祭りは代替的に宣伝はしていないが、毎年7月の第3土日に開催される。

到着したのは16時過ぎ。
14時からお祭りはスタートなのだけど、あまり早い時間に行くと出店の準備が出来ていないので
だいたい16時過ぎぐらいに行くのが良いと思う。
なお、この時間帯は家族連れと小中学生が多い、いわばファミリータイム。

出店については商店街の店舗が出店しているためテキ屋的なお店は一切なし。
そのため変わり種な食べ物は無いけれど、食べ物の価格は良心的。






どの店舗も似たり寄ったりの商品を出しているが、お店に寄っては個性的な食べ物も扱っている。
値段の相場もボッタクリ価格はなし。子供達でも気軽に買える良心的プライス。

西口商店街から少し離れたビオラ通り商店街でも同様に出店が出ている。
その中でも特に人気のお店が「孝松屋商店」という精肉店。



常に大行列が出来ているのでお店の場所は分かりやすい。
店の前で揚げられた美味しそうなチキンやハムカツ、串かつを見たら買わずにいられない。
また他の店舗で売られている冷凍モノの焼き鳥と違い、お店で串打ちしている焼き鳥だから
肉が大きくそして柔らかくて美味いのだ。

カリカリに揚がったフライドチキンと焼き鳥(塩)に舌鼓。
ビールとの相性抜群。昼間から飲むビールこそ祭りの醍醐味と言えるね。


ほかに人気だったのが赤ワインベースのサングリア。
フルーツがたっぷり入っていて特に女性客に人気が高かった。
ノンアルコールのトロピカルは子供(中学生ぐらいの女の子)に人気だったな。



さて、西口祭りのお約束といえばビンゴ大会ゲーム(時間は18時から)
主な客層は小中学生とファミリー連れ。去年よりも更に商品がショボくなっているが、
それでも1等の松阪牛やデジカメが当たることを祈っての参加。

1枚100円でカードを購入するのだけど、だいたい1人2~3枚購入している。
かくいう我が家も5枚ほど買ってみた。

中にはこのビンゴ大会に情熱を燃やしている人もいて、1人で20枚ぐらい買い込んでいる人も。
読み上げた数字をノートに取る気合の入れよう。さすがである。
ところで西口商店街のお祭りは座って食べるところがないので、レジャーシートがあると便利。
ビンゴ大会の会場でも座って見れるので重宝する。

結局ビンゴ大会は残念な結果になってしまったけど、最後にお土産でトイレットペーパーをもらう。
ただしカードを何枚持っていても1人1個。手ぶらで帰らせない太っ腹企画だ。

だいたいビンゴ大会が終わる頃は辺りも暗くなる19時過ぎ。
ここから小中学生のターンから高校生や大人のターンに客層がガラリと変わる。


夕方と違って混雑具合もハンパない。
商店街のお祭レベルとは思えないほどの盛り上がり。
それと泥酔しているような人やガラの悪い人は居ないので安心して楽しめる。
ただ残念ながら20時を回った頃に雨がポツポツと降ってきてしまったので、早めに帰ることにした。

昔、金沢文庫に住んでいた頃は瀬戸神社や町屋の祭りなど近所でのお祭りが多かったけど、
相模大野に引っ越して来たらもんじぇ祭りのような大人向けの祭りしか無かったので、
地元密着型の東林間の祭りは小さな子供を連れて行くには良い祭りだと思った。