Publisher Studio

2015/01/28

【正直、白子天丼はイマイチ】 豊野丼@阪東橋 横浜橋



先日の横浜出張で立ち寄った阪東橋の豊野丼。


前回は黄金丼を大盛りにしたらご飯の量が多すぎて途中で苦しくなってしまい、
せっかくの天麩羅の味も最後は分からない状態になり惰性で食べることとなった。
豊野のオヤジが「食えるんだよな?」と念を押した意味が分かった(前回ブログ




さて今回の看板メニューは表に「さより天丼」店内ボードには「するめいか天丼」と
「白子天丼」の記載あり。
「するめいか」と悩むも、今が旬だよ!と書かれた「白子天丼(1,000円)」に決定。

前に常連上司が「白子天丼だけだと物足りないから別皿オーダーするのもあり」と
教えてくれたが、また食べきれなくて苦しくなるのは困るので止めておく。
もちろん大盛りでは無く普通盛りで注文。


野菜3品入りと書いてあったが実際は「椎茸・ブロッコリー・ナス・カボチャ」の4種と
白子が1つ。更に別皿でポン酢のかかった白子の天ぷらが添えられる。

カレー塩のかかった椎茸は前回も食べたけど、今回はブロッコリーの天ぷらにもカレー塩。
これが美味いのなんの!ブロッコリー天は侮れないな。めちゃくちゃ気に入った。

肝心の白子の天麩羅は正直イマイチでオレには天ぷらのタレとの味が合わないのかも。
衣のサックリ感も感じられなかった。ただし別皿のポン酢のかかった白子の天ぷらは美味い。
やっぱり白子はポン酢だと再認識。
あと常連上司が教えてくれたとおり白子だけだと飽きるので、別皿で牡蠣の天ぷらを
頼むのもありだなと思った。カキフライならぬカキ天ぷらなんて食べたこと無いもんね。


それと今日は年配の女性客2人が居たのでオヤジにイヂられることなく黙々と食べれたのだけど、
やっぱり多少はイヂられた方が「豊野丼に来たぜ」って感じにさせられるよね。