Publisher Studio

2015/02/16

劇場版 蒼き鋼のアルペジオを観てきた

イオンシネマは毎週月曜日の上映は全て1,100円で観られるハッピーマンデーのため、
新百合ヶ丘イオンシネマで「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ DC」を観てきた。

流石に第3週ともなれば客足も少ないかと思いきや、意外と人が多い。
やはりハッピーマンデー効果なのか、それとも来場者特典が貰えるからなのだろうか。

ちなみに貰った特典のミニ色紙は男3人衆。い、いらねぇ・・・
マヤかヒュウガだったらヤフオクで売れたのに残念だ。




さて劇場版 蒼き鋼のアルペジオDCのネタバレ抜きの感想。

100分の上映時間のうち、60分ぐらいはTV版の総集編で主に各艦との戦闘シーンがメイン。
ただしTVシリーズを見ていない人には意味不明の展開だろう。
個人的に超重力砲の発射シーンを大スクリーンで見れて良かったな。

残り40分の新規追加分はTV版の最終回でアメリカに振動弾頭を渡したその後の出来事と
新キャラ「ヒエイ」が登場。特に戦闘シーンは見応えあり。そして最後の最後に驚きの展開。
(公式HPの劇場版キャラ紹介を見たらネタバレになっちゃうけどね)

ところでストーリーとは関係ないけど、タカオがおっぱい揺らしすぎ。
無駄に揺らしている感じでちょっとあざとい。そういうのは求めていないんだよな。

なにはともあれ10月3日公開の次回作「Cadenza」が楽しみになった。