Publisher Studio

2015/05/01

【タカマル各料金表】 新宿 タカマル鮮魚店1号店 メニュー表



今日は新宿のタカマル鮮魚店(1号店)にて飲み会。

到着したのは18時過ぎ。
この時点では座席の空きが見られるが、実は殆どが予約席。
今回は事前に予約を取ってあったので座席の確保は出来たけれど、
4名以上の飛び込みグループは殆どが断られていた。相変わらずの人気店だね。

ところでタカマル鮮魚店は公式HPや食べログにもあまりメニュー表が載ってないよね。
・・・というワケで2015年5月1日現在のメニュー表はこんな感じ。






思えば料理メニューは個人ブログでも掲載されているけれど、ビールや日本酒、アルコール類は
あまり見かけないので、ついでにそれも撮ってみた。

ヱビス樽生ビールが480円とあるけど、ホントにヱビスだったらこの値段は安いと思う。
サワー類やハイボール系は380~580円、梅酒680円、ソフトドリンク300円。
日本酒や焼酎は580~980円と一般的な居酒屋と値段に大差は無い。
やっぱり刺身と言えば日本酒だよね。どれもそこそこ手頃な価格帯なのが嬉しい。

注文したのは刺身盛り合わせの「鷹盛(5,000円)」をメインに「金目煮(980円)」「カキフライ(980円)」
そして名物「カニクリームコロッケ(1,000円)」と全4品。

5,000円の鷹盛(刺盛 極)は中央にアワビとサザエが鎮座。その脇に赤貝が添えられる。
刺身の切り身も全体的に分厚くて鮮度も良いのだが、5,000円にしては刺身の量が少ない。
おそらくメインであるアワビの刺身が料金を跳ね上げているのだろう。

アワビやサザエが要らないのであれば2,980円もしくは2,000円のでも良いのかな。
あと残念なのはウニ。写真で見れば分かるけれど既に溶けてしまっているのとミョウバン臭くて
全然食べれなかった。

他のグループを見るとタカマル定食をご飯抜きで注文しており、1人が1桶のツマミとして
食べていたので、今度来るのであればそれもアリだと思った。

キンメの煮付けはジックリと煮こまれていて味が染み入っている。身も厚い。
若干味が濃いので酒に合うね。もちろんご飯にも合うだろう。

カキフライは大粒が8個入って980円の価格は安いわ。
衣はサクサクしていないけれど中身の牡蠣がデカくて食べ甲斐あり。これはオススメだね。

名物と書かれたカニクリームコロッケ。
テニスボールぐらいの大きさで中にはカニの身がたっぷり詰まってトロトロ。
名物になるのも分かる気がする。

最後にデザートが食べたいとのことでデザートドリンクのコーラフロートとメロンソーダを注文。
ジョッキの上にぎっしりと詰まったバニラアイス。なかなか迫力のあるビジュアルだ。
上のアイスを少し貰って驚いたのは乗せられたアイスが意外に美味いこと。
安いクラフトアイスではなく、ちゃんとしたアイスクリームでバニラビーンズが散りばめられている。
いや、これは美味いわ。クリームソーダが要らなければ単品バニラアイスも380円であるのね。

以上、4人で4品のみの注文だったのだけどお腹が苦しくなるほど一杯になってしまった。
先ほども書いたけれど今度はタカマル定食をご飯抜きで頼んで他に1~2品の追加が良いかもな。