Publisher Studio

2015/07/26

ドノーマルのハリケーンソニック速ぇ ミニ四駆レース大会で優勝 

義母より「住んでいるマンションでサマーフェス(夏祭り)があるから遊びにおいで」と誘われて行ってきた。

詳細は身バレするので割愛するが、サマフェスで指定されたミニ四駆を事前購入した人のみが
参加できるミニ四駆大会が開催されるとあり、義父が息子用に1台購入しておいてくれた。
車種名はタミヤのハリケーンソニックというもの。

レースの始まる当日の朝に息子と一緒に急いで組み立てたので、シールとか適当である。
まぁ気にしないでおこう。

そしてレースは初心者の部と一般の部に別れる。
レギュレーションはタミヤ純正パーツで構成されているミニ四駆のみ。
ボディの軽量化は認めるがモーターの改造は禁止。電池もタミヤ純正品を使用とのこと。
息子のはホントに素組のミニ四駆なので、他の人がどんなのを持ってくるのか気になる所。

受付開始となり息子は初心者の部にエントリー。
周りを見ると我が家と同じように素組のミニ四駆が多数ある。
中にはバリバリに改造しまくった車両もあったが、それは一般の部だった。

しかし生まれて初めてミニ四駆とか作ったけれど色々なパーツがあるのね。
改造しまくり車両はアルミパーツが付いて明らかにノーマルとは違う出来栄え。
テストランで走っているのを見たけれど速さの次元が違うわ。メチャクチャ速ぇよ。

そしてその車両を持っている子供が幼稚園生ぐらいの女の子。
間違いなく親がハマって子供は単なるスイッチをいれるだけのドライバーだね。



タミヤの公式コースを3周して勝負を決める。
写真を撮ろうにもミニ四駆が速すぎて全然写真が撮れない。てかノーマルでもかなり速い。

テストランの時に息子に「あんまり走らせると電池が無くなるからちょっとだけね」とアドバイス。
他の子供達は何周も走らせたり、車両をぶつけたり、地面でミニカーのように走らせている。
地面なんかで走らせたら間違いなく軸の部分に砂やらゴミが噛むのにな。

13時よりレースが開始されたのだけど初回戦はあっさりと勝利。
いや、まさか勝つとは思わなくて息子もオレもビックリ。
テストランでは1台のみで走らせていたため、他の車両と比較が出来ずに速さが分からなかったけど
意外と息子の速いじゃん。

その後もあれよあれよと準決勝、決勝戦と進み、最終的に優勝してしまった。
マジかよ!今朝初めて作ったばかりのミニ四駆で優勝かよ。
さっきも書いたけれど、無駄に電池を使わずに温存していたから勝てたのだろうか?
それともオレの作り方が良かったのか?なんの改造もしていないドノーマルだけど。

あとは運も味方したんだろうね。
ちょっと改造してあるような速そうな何台かはセッティング不足でリタイアしていた。
明らかにスポーツチューンモーターを入れているが、パワーばかりでバランスが取れず
坂道を登った時に飛び出してコースアウトしていたし。
それとギアにゴミが噛んで空回りしてのリタイアが数台あった。
だから地面なんかで走らせるからだよ・・・と内心思っていたりして。

とにかく初めてのミニ四駆大会でまさか優勝するとは思わなかったな。
息子も夏休みの思い出が出来て良かった。あと絵日記に書くことも増えて良かった。
ちなみに優勝者には金メダルとミニ四駆を贈呈。
限定モデルのアバンテMark3ジャパンカップ 2015リミテッドという車両。
よく分からんけど、なんだか凄そうなミニ四駆を頂いてしまった。

息子に「これ作る?」と聞くと来年のミニ四駆大会の朝に作るから取っておくとのこと。
まぁ家の中ではミニ四駆は走らせられないもんな。
オレ的にもミニ四駆にハマって改造・・・とかなりそうなので手は出さないことにしておこう。