Publisher Studio

2015/08/27

まだ時期尚早? うみかぜ公園タチウオ釣り 2015年



有休を使って横須賀のうみかぜ公園までタチウオ釣りに行ってきた。

なお本日は夏休み最後のお出かけを兼ねて小学校1年の息子も同行。
子どもと一緒に釣りに行くのはオレの長年の夢だったんだよね。

うみかぜ公園に着いたのは午後4時。
平日でもそこそこの間隔で人が入っている。ただ今日は向かい風でうねりが凄い。


我が家は駐車場から入ってすぐのところ(ガードレールがある所)に釣座を構えた。
しかしこの場所、波しぶきが凄いんだよね。どうりで人が入っていないワケだ。

ひとまず息子用にと投げサビキをセットしてオレは夜のタチウオに備える。

17:00ぐらいに隣で釣りをしていたカップルにアジとサヨリが釣れていたのを見て
息子の仕掛けを手前10mのチョイ投げした場所に投げる。
ただ今日はうねりが凄くてウキが踊りまくっているためアタリが全然わからん。
適当なタイミングでリールを巻くと手のひらサイズの小さなアジが1匹くっついていた。
とりあえずボーズは回避。

次に同じような場所に仕掛けを投げて、今度は息子がリールを巻くと「なんか重い感じがする」と
言うのでゆっくり巻き上げてみなーとアドバイスすると、手のひらアジが釣れいていた。
思えば息子は去年の早戸川国際マス釣り場で初めての釣りデビューして以来の釣り。
しかも今回は延べ竿ではなくリールの付いた竿での釣りに大興奮。

タチウオ釣りのエサにしても良い?と聞くと「初めて釣ったから持って帰る!」とのことで、
豆アジではあるがお持ち帰り。ちなみにどうやって食べようかと聞くと「お刺身」だそうだ。
いやいや、それは無理だべ。

そういえば周りの人は何を釣っているんだ?と偵察に行くとヘチ釣りをしていた。
もしかして先日25日に横須賀の上州屋で「岸壁のキワを攻めるヘチ釣りで黒鯛を釣った」という
情報が載っていたから、それか?なんでも荒れた天気ほどクロダイが警戒心を解くのでチャンスとも
書いてあったっけ。


そして時刻は17:45。ちょっと遠目に投げたサビキ仕掛のウキが見当たらない。
今度は大きめのアジが釣れたのだろうと再び息子に竿を手渡すと「リールが重い!」と
助けを求めてきた。まさか根がかり?いや、タナ5m程度でそれはないだろう。
ちょっと貸してみ?とリールを巻くと根がかりではなく明らかに魚の反応。

なんだろう?まぁ息子に全てを任せようと「竿が折れることは無いから頑張ってリールを
巻いてみて」と伝えると必死になってリールを巻き上げる。
しかし3号の磯竿がかなりしなっているってことはボラか?と手前に寄せてたのを見ていると
銀色の魚体が横走りしだした。

息子が必死にやりとりしているのを見ていた隣のカップルが「サバ?」と言うと同時に
海面にサバの姿が見えた。こんな時間でも釣れるんだ?
ぶっこ抜きしようとする息子だが魚が重くて持ち上がらずオレが手を貸そうとすると、
カップルの人がタモを使って上げてくれた。
タモを使って上げてくれた上にメジャーでサバのサイズまで計ってもらうと37cmの大きさ。
更にはオレのカメラで記念写真まで撮ってもらってしまった。感謝感謝です。

豆アジではなくサバのお土産も出来たし、これで息子は大満足。

あとはオレがタチウオを釣れば良いだけ・・・のはずが、これまた向かい風が酷くて仕掛けが
すぐに手前まで流されてきてしまう。
うみかぜ公園では30mも投げれば太刀魚が釣れる過去の実績があるのだけど、
うねりがあるとダメだね。
周りでもタチウオ狙いの人がチラホラいたが、どこも釣れている様子は無い。

時刻は20時半過ぎ。
去年9月は18時台と21時頃にはタチウオが釣れていたのに、今回はまったくアタリの反応がない。
他のタチウオ師のウキを見ていてもアタリ反応は全然なかった。
さすがに8月下旬では時期尚早だったのかね。

0時まで粘って一度もアタリが無かったら止めようと思っていると、ヘチに流れた息子の仕掛けに
小さなカサゴらしきが付いていた。
もちろんリリースと思って針から外そうとすると、親指の下にジクンと激痛。
なにこれ?カサゴって刺はあるけど毒もあったっけ?めちゃくちゃ痛いぞ。

あまりにもズキズキ痛いのと向かい風も強くなって来てテンションがダダ下がり。
これでタチウオ反応があれば気力も持帰すが、何も反応がないとやる気も失せる。

息子に「夜通し釣りをしようって行ったけど、やっぱり終わりにしない?」と提案すると
オレの親指を見て心配した息子が「お土産のサバも釣ったから帰ろう」と同意してくれた。

・・・というワケで今年初めてのタチウオ釣りはボーズ。

先程も書いたけれど、まだ時期には早かったのだろう。
去年はかなり早くて9月上旬からタチウオが上がり始めていたが、今年は例年通り10月ぐらいが
タチウオのシーズン入りなのかな?

そうそう刺された親指は家に帰る頃には痛みも引いてきた。
カサゴのトゲ恐るべし・・・なんて思って自宅で調べると、カサゴではなくハオコゼだった。
魚体が赤色でサイズ的にも似ているからカサゴだと勘違いしてたよー!
今度から横着しないで魚つかみハサミを使おうと学んだ。