Publisher Studio

2015/09/16

自分の口臭に気づく 歯間ブラシにハマる

カミソリの刃を替えようと洗面台下を探していたら数年前に歯医者で貰った
歯間ブラシが目に付いたので使ってみた。

それまで歯間ブラシを使うと歯と歯の隙間が出来そうで怖かったけど、
実は歯の根本に隙間があるのが普通で、むしろ多少の隙間が開いていないのは
歯周病で歯茎が腫れている状態であるのだと知る。

さっそく試して見ると歯茎から血がドバドバと出てきて焦る。
まるで監獄学園のジョーみたいだ。

んで、血が出るのは歯茎が腫れて炎症を起こしている状態らしい。
皮付きリンゴを食べても歯から血は出ないのに歯間ブラシでこんなに出るとは思いもよらず。
どうやら日本人の80%がかかっている歯周病にオレもなっているっぽい。

血も出るけど歯と歯の間の食べカスも結構出てくる。
歯磨き後に使っているのにも関わらず、まだこんなにカスが出てくるのかと驚愕。
そして歯間ブラシに付いたカスの匂いを嗅いでみると、すげーくせーの。
このカスが口臭なのか?ヤバイわコレ。臭すぎワロエナイ。おっちゃんの息の臭さだわ。

それからと言うモノ朝晩の歯磨き後は必ず歯間ブラシをするようになった。
・・・っていうか、歯間ブラシはなんだかクセになるんだよね。
隙間に詰まっていた食べカスが取れて口の中がスッキリして気持ちイイのだ。

ちなみに歯間ブラシはフロスや糸ようじと違って使い捨てでは無いけれど、
毎日使って2週間ぐらいで大体ブラシの付いている金属部分が折れる。
歯医者で貰った歯間ブラシも2本とも折れてしまったので、新しいのを買いに行った。

ところで今まで使っていた歯間ブラシのサイズっていくつなんだろう?
なんでも歯間ブラシはSSSからLまでの5種類あり、一番小さいのが0.8、その次が
0.8~1.0と0.2mmごとにサイズアップしていく。

あまり太いのを買って歯の隙間にギチギチに入るのは好ましくないので、真ん中のSを
買おうと思ったが、それでも太かったらイヤなので更にもうワンサイズ小さいSSを洗濯。

色々と種類はあったけど、ガムのアドバンスケア歯間ブラシL字型を購入。

なお歯間ブラシにはL字型とストレートのI型があるが、L字の方が口の中に入れやすいのと
I字は主に前歯用とのこと。


本当にクセになるね、このスッキリ感。もう信者になりそうだよ。
最初は血が出てビックリするけれど2週間も使っていれば歯茎が引き締まって血も出なくなるし、
なにより口臭の心配が無い。


自分で口臭は気が付かないけど歯間ブラシに付いたカスの匂いを嗅いでみればよく分かるので
使ったこと無い人は一度でも使ってみることをオススメ。