Publisher Studio

2015/10/17

Asus ZenFone 2 Laser (ZE500KL) 専用ケース 手帳型

先日amazonで注文したZenfone2 laserのケース(手帳タイプ)とフィルムが本日到着。
数あるカバーの中で何故このPopskyを選んだというと、ケースの色に赤があったこと。
何故に赤が良かったのか理由を聞くと「学生鞄の中に入れても色が目立つから見つけやすい」と言う。
確かに地味な色よりは目立つもんな。

amazonの商品写真を見ると少しくすんだような赤だったが実際は強烈な赤。いわゆるビビッドレッド。

一部の手帳型は本体を覆わず両面テープで貼り付けるモノ(例えばコレとか)もあるが、
これは中にTPUケースが入っていて本体を固定してくれるタイプ。

なお、このメーカー(Popsky)では「ライチ紋手帳型ケース」と「カルスト紋手帳型写真フレーム付き
ケース」の2種類が存在し、1,250円のライチ紋は中のパスケースに窓がなく、1,6850円の
カルスト紋の方はパスケースに窓がある。最初はたったそれだけの違いなら安い方でも良いか?
と考えたけど、よくよく商品写真を見ると、蓋を止めるところベロ加工が違うのだ。
安い方はケースと一体となっているが、高い方は分離して付いてる。
一体となっているタイプは蓋を開いたときやスタンドにした時にベロの部分が立ってしまうのだ。
これだと見栄えも悪いが使い勝手も悪そうなので、値段の高いカルスト紋手帳型にした。

ちなみにamazonのカスタマーレビューに「カバーの折り返し部分にユトリ有りすぎ。カバーを閉じた状態で
手に持つと上面がかなりブカブカして気に障る」とあるが、高い方だとそれは無くピッタリしている。
もちろんカバーの前後を合わせても余計なはみ出し無し。

カバーと本体にはステッチ部分のクリアランスがあるため、仮に落としてしまっても直接ボディに
衝撃が加わらないようになっている。

裏面のカメラ開口部分はT字。
個人的には各部分に穴が開いている方が見栄えが良いと思う。
よくみると裏面にマグネットの丸い部分が見えそこにベロがくっつくようになっている。

肝心のケース本体はPU素材で滑りにくく、また撥水性があるので水拭きも容易である。
そして汚れにくいという良さもある。

サイドボタンが無いため開口部は上部に電源ボタンとイヤフォンジャック、下部にUSBコネクターとなる。

願わくばボタンやコネクタ以外の部分は覆って欲しかったな。

最後になるけど1,650円という値段の割には質感も悪くないしスタンドにもなるし、色も鮮やかで
娘も気に入ってくれたようで良かった。

オレの使っている一体型ケースの紹介はコチラ