Publisher Studio

2015/10/16

吉好亭でちょい呑み 【相模大野】

仕事帰りに馴染みの中華料理屋(吉好亭)で一杯やってく。

ここのお店は中国人の店員さんが仕切っているのだけど、常連の紹興酒おじさんが中国語で
注文や雑談をしているのを見て、なんとなく中国語に興味が湧いてきた。
・・・と、その前に英語すらまともに喋れないオレが中国語はハードル高すぎるか。

注文はオレが勝手にちょい呑みセットと称している「今週の半額商品と飲み物」メニュー内から
「くらげとジャガイモ千切りの和物(290円)」と「ネギとチャーシューの和物(290円)」を選ぶ。
実売価格は各580円だけど実際に出てくる分量は値段なり。

飲み物はお決まりの紹興酒をピッチャーで。
そろそろ寒くなってきたので熱燗でも良かったけどロックで頂く。

メニュー写真と比べるとチャーシューは枚数も少なく薄い。
ただちょっと飲む程度のオツマミなら十分。ちょっと甘いタレに漬けてある。

くらげとジャガイモ千切りの和物は、殆どくらげ。このブニブニした食感がなんだかクセになるね。

お通し、紹興酒、オツマミ2品で合計1,200円ちょっと。
飲んだ後のシメにガッツリと680円の炒飯を頼もうかと思ったけど止めておく。

ところで今日は朝から晩まで8時間、ひたすら判子を押すだけの単純作業で仕事が終わってしまった。
全く頭を使わないワケでは無いが、同じことを繰り返すのって結構しんどい。
ただ一日気合を入れて頑張ったおかげで来週の月曜日は有休消化で1日お休み。
そろそろ余っている有休の消化をしていかないと年末までに使い切れないっぽいな・・・