Publisher Studio

2015/10/04

食べ比べ 居酒屋ガクさん念願のカキフライ定食  【ボーノ相模大野】


大戸屋では既に提供が始まっているカキフライ定食だが、10月に入ったことだしボーノ相模大野の
居酒屋ガクさんでもカキフライ定食を始めただろうか?と店に訪れてみると、なんと入口看板に
カキフライ定食の文字を発見。

メニューには冬季限定とあったので12月ぐらいからスタートだとばかり思っていたが、
10月上旬からカキフライが始まるのか。
夏ぐらいにメニューで見てからずっとガクさんのカキフライ定食を食べてみたかったのだ。

・・・というワケで、ガクさんのカキフライ定食を注文(840円税込み)
そういえばオレ以外でもカキフライを頼んでいる人が多かった。やっぱり人気メニューだね。

注文してから揚げているので10分ほど待たされての登場。

表の看板に赤文字で「特大」と書かれているだけあって、そこそこの大きさではある。
これで食後のコーヒーまで付いて840円は安い方かね。

もちろんタルタルソースもクシ切りのレモンも添えられてある。
たまーに添えられたレモンが薄切りで「これは飾りか?」って店もあるのだけど、
ガクさんはしっかり厚めに切られている。
以前は揚げ物にレモンを絞るのは苦手だったけど、ここ最近はレモン汁のさっぱりした
風味もまんざらじゃないと思えてきたんだよね。特にカキフライはレモンが合うと思った。

さっそくカキフライを食べてみたのだけど・・・衣が分厚い。
ザクザクした食感で美味いのだけど、いかんせん衣が厚すぎ。
写真でも分かるように切って中から牡蠣エキスがトロリってのも無し。

そして中身の牡蠣が小さい。サイズで言えば親指の第一関節と第二関節の間ぐらいの大きさ。
カキフライってのは揚げると縮むのは知っていたけど、ちょっと縮みすぎだろーって感じ。

ただ生焼けだと怖いので、しっかり火が通っている方が安心と言えば安心か。
おかげで2個目を食べた時に舌の先を火傷した。それぐらいアツアツ。

正直、「特大」と書かれた期待が大きすぎてちょっと物足りなかったが、カキフライが食べたいという
欲求が満たせたのは満足かな。もしかしたら仕入れている牡蠣の時期がまだ早かったのかもね。

ところでやよい軒のカキフライは何時から始まるのか店の前に行ってみると
今月14日(水)より4個入り890円で販売すると看板に書いてあった。
今回はガクさんで食べたので、今度はやよい軒、そして大戸屋のカキフライ定食の食べ比べだな。

関係ないけど、やよい軒は10/1~11/29まで夜割キャンペーンなんてのをやるようになったのか。
通常660円の生姜焼き定食、サバの塩焼き定食、サバの味噌煮定食の全3品が
夜6時から10時まで4時間の限定ではあるが、550円で食べられるんだって。へー