Publisher Studio

2016/03/06

【今年初】 スモジの賄い 



たまたまラーメン二郎@相模大野公式HPを見たら「賄い販売いたします」の文字。

最後に賄いを食べたのが去年の10月だったので実に5ヶ月ぶり。
これは行くしかないでしょ~

お店に着いたのはお昼ちょっと前の11時半頃。
外での待ち客は居なかったけど店内では数人の待ち。

すると普段は青い棒の場所で先頭は待機するのだけど、今日は「奥まで進んで並んで下さい」と
指示があった。寒かったり雪でも降っていれば分かるけど、なんで今日は奥まで入れたのかね?

入口付近の席は待ち客が立っているから諦めるけど、店の奥の方(荷物置き場)まで列があって
後ろで立たれると変なプレッシャーがあるんだよね。町田ぎょうてん屋みたいな感じだよ。

さて5ヶ月ぶりに味わうスモジの賄い(900円)
普段はニンニクを入れない「そのまま」で注文しているが、今回はニンニクを少しだけ入れてみた。
少しと言っても十分に多いのでレンゲに入れて避けておく。

前は天カス以外にアラレみたいなのもあったけど、今回は無し。
天カスの量も少ないか?

豚は脂身が少なく厚みもあってしっかりした味。個人的には当たりブタ。

野菜とブタを別の丼ぶりに移し替えてから麺をかき混ぜる。
食べ方は人それぞれあるけど、オレは混ぜた麺の上に野菜を少しずつ乗せて食べる。
あとレンゲに避けておいたニンニクも少しずつ入れて食べてみた。
汁なしなので一緒に混ぜちゃうとニンニクの辛味が強すぎるんだよね。
ニンニクは入れても入れなくても味の変わりは無かったな。ラーメンだったら違ったろうけど。

改めてスモジで極めてブレが無いメニューは汁なし麺の「賄い」だけと思った。

ラーメンの場合は柔らかいデロ麺な時もあるし、つけ麺はスープがしょっぱすぎだったりするが、
賄いの麺は程よく水でシメられスープも入っていないのでしょっぱく無い。
塩分が物足りなければ卓上のカネシを少しだけ垂らして味を調整できるのも良い。

賄いはスモジ店主の気まぐれ販売するのではなく、是非ともレギュラーメニューになって欲しいよ。