Publisher Studio

2016/04/12

【ユニディ】 炭の価格調査


4月に入り陽気も暖かくなってきたため、そろそろキャンプやBBQシーズンに突入。

キャンプといえば薪だしBBQと言えば炭というワケでユニディ相模大野店にて
薪と炭の価格調査をしてきた。

一般的というか安価だとマングローブ材使用の木炭。
産地はミャンマー産。値段はいずれも税込みで3kgが498円、6kgが980円、10kgだと1,680円

説明文には木炭は着火しやすいが火の持続時間がイマイチとのこと。

次にオガ炭(3kg829円)と岩手切炭(3kg1,598円)
オガ炭はおがくず圧縮成形の環境に優しい燃料、切炭は温度800度前後で煙、炎、臭気が少ない。
そしてオガ炭は火付は悪いが火持ちが良し、切炭は着火しやすく燃焼時間も長いとのこと。
なお切炭はBBQに初心者にも使いやすいとあった。でも初心者オススメにしては値段が高いよね。

ところで必要な炭の量の事だけど、長持ちする炭(オガ炭、切炭)だと少量で良く、
あんまり保たない炭(木炭)だと多めが安心とあった。
大雑把な目安としては大人であれば1人1kgが暗いがとのこと。ま、これは木炭の話だろうね。

最後に薪だけど3.5kg入で税込み516円。
3.5kgってどれぐらいだろうか?と薪の本数を数えると18本入っていた。

太さは約5cm☓5cmと意外と太い。
それと薪の入ったビニール袋は燃やしても有害ではないと記載有り。

ちなみに去年キャンプで泊まった上大島キャンプ場では木炭と薪は各500円で
田代運動公園の近くにある戸倉屋商店(とくらや)はちょっと細い薪が350円で売られている。
噂だと田代運動公園には軽自動車のトランクに入った薪(500円)が無人で販売しているらしい。

・・・ひとまず炭を3kgほど買ったので、あとは今年最初のBBQをどこでやるか決めないとね。