Publisher Studio

2016/06/17

【名物オヤジ健在】 豚珍館 新宿


都内に仕事で行った際、久しぶりに新宿の豚珍館に行ってきた。

訪れた時間はランチタイムの12時ちょっと前。
既に店下の階段まで行列が出来ていたので諦めようかと思ったところ、
後ろから来た2人連れが「この場所での待ちなら10分程度で入れますよ」と言っていたのを
小耳に挟んだので、その言葉を信じてオレも列ぶことにした。


豚珍館は並んでいる時にメニュー表を見て注文するものを決めておく。
理由は店内から店員が出てきて「注文は何にしますか?」と聞いてくるからだ。

注文はスタンダードなとんかつ定食(950円)
後ろの2人連れが言っていたとおり、ホントに10分程度の待ちで店内に案内された。
また1名だと相席必須のためグループで来ている人より早めに店に入れるんだよね。

既に階段で注文を受け付けていたため、席に座って直ぐにとんかつ定食が運ばれてきた。
このスピード感、店内の慌ただしさこそ豚珍館の醍醐味だね。

3cmぐらいある分厚いトンカツはやや揚げ気味のため衣が茶色くザクザクした食感だが
脂身も少なくなかなか美味い。ご飯と豚汁がお替わり自由で950円なら安いほうか。
これでキャベツもお替わり自由だったら言うこと無しだね。

ただ豚汁が最初のは具だくさんだったけど、お替わりは殆ど汁だけだったな・・・
たまたまなのか、お替わりは汁だけなのか気になるところではある。

そう言えば豚珍館の名物であるガミガミオヤジが今日も店内に檄を飛ばしてうるさかったな~
店員に「全くなにやってんだよぉ~」とか「はやくしろよ」と相変わらず怒鳴ってて
一瞬店内がシーンとなる雰囲気がヤダわ。あれ怖いんじゃなくてウルサイよ。

でも店員の「はぁ~い」と悪びれない感じを聞くと手慣れてるなとちょっと感心した。
ま、毎日あんな感じだったら誰でも慣れるか。