Publisher Studio

2017/01/13

【コラーゲンたっぷり】 塩くらげで作る中華風つまみ




相模大野の中華料理店「吉好亭」にあるツマミ「くらげとジャガイモ千切りの和え物」を
真似して作ってみた。


なお、塩クラゲの下ごしらえは水洗いをした後に30分ほど水にさらし塩抜きをして使うとあるが、
美味しく食べるには水洗いをしたら20秒ほどお湯(沸騰後に少し水を入れて温度を下げる)で湯通し、
水を張ったボウルに5~6時間ほど漬けて塩抜きすると良いとあったので実践。



レシピとして塩抜きしている間にジャガイモの皮を剥いて細切りにし軽く茹でて粗熱を取る。
キュウリも細切りにしておく。これで下ごしらえの準備完了。

塩の抜けたクラゲ、ジャガイモ、キュウリを混ぜて三杯酢とごま油を少し垂らして出来上がり。

食べてみるとクラゲがプリプリ、ジャガイモとキュウリがシャクシャク。これはビールもすすむわ。
多少の手間暇でくらげの食感がお店で食べたとき以上に弾力もコシもあって旨いよ。

ところでクラゲは栄養もカロリーも低いのにコラーゲンが多いのでダイエット食に適しているのね。
しかしコラーゲンってブヨブヨしたゼラチン質をイメージしていたけど、くらげのコリコリ食感にも
含まれているとは驚いたな~