Publisher Studio

2017/05/03

【全ツッパ】 ビックポイントでPS4Proを買った




今年のGWは家族で潮干狩りに行っただけで他は予定無し。
せっかくの連休だけど何処にも連れて行ってあげられない代わりに・・・と名目をつけて
以前より娘と息子が欲しがっていたPS4を買うことにした。
それと実は数年前よりPS4は絶対にポイントで買ってやる!と地味に溜めてきたビックポイントが
37,000円を超えたのもキッカケの一つ。

息子と一緒にビックカメラ相模大野店に向かうと、各家電店のオンライン販売では
売り切れ中であるPS4Proのパッケージが置いてあった。

え?Pro?でも普通のPS4と何が違うんだろうか・・・とググったところ
・4KとHDR対応で高画質
・HDDがSATA-Ⅲになって高速化
・GPU(グラフィック性能)が向上
・ソフトによっては60fpsで動作する
・背面にUSBポートがあるのでPSVRを繋いだ場合に配線が隠れる

我が家のTVは4KやHDRに対応していないし、VRも今のところ買う予定ない。
なら別に普通のスリムタイプPS4(1TB)でも良いんじゃん?全額ポイントで支払えるし。

・・・でも1万円の差でProが買えるなら後々を考えて高性能のProの方が良いか??と
その場で5分ぐらい悩んだ末、結局PS4Proを買うことにした。
噂だと来年2018年末にPS5が発表なんて話もあるけど、所詮は噂だもんな。

本体だけ買ってもしょうがないので息子が欲しがっていたレースゲームの
ニード・フォー・スピードをパッケージで購入するつもりが、PlayStation Storeを
見たところGW(ゲームウィーク)のキャンペーンなるものが開催されており、
しかもEAソフトがゴールデンウィークの特大セールと称して最大80%オフで
ゲームが売られていると知った。
通常パッケージ版が3,672円、DL版が3,024円のところDLに限り60%オフとなっている。
しかも全品10%オフのクーポンコードが使えるので、1,088円で買うことが出来たのだ。
すげー安い。この値段ならDL版でも全然良いよ。

そこでPS4と一緒にストアカード3,000円分とプラス利用権3ヶ月を購入。
更にはソニー製品=ソニータイマーの安心料として3年間の延長保証にも加入。
37,000円分のポイントを全て使っての支払額は17,447円となった。

ゲーム1本では面白くないので娘がyoutubeで見て面白そうだと言っていたFPSゲームの
バトルフィールド1の中古をブックオフで買ってきた。


ひとまずPSストアに登録してニード・フォー・スピードをダウンロードしたのだけど、
18.6G落とすのに1時間近くかかってしまった。
我が家のインターネット速度は光回線で90Mbps出ているが、有線ではなくWi-Fi経由だから
遅かったんだろう。
しかもバトルフィールド1もアップデートが10Gほどあって、それも時間がかかった。
てかアプデで10Gって凄いな。そう思うとHDDの容量1TBを買っておいて良かったかも。

そういえばビックカメラのPS4ソフトコーナーに「PS4用セーブデータをスゴイ状態に
編集できる」と謳った怪しげなSAVE Editorなるものが販売されていた。


チートアイテムっぽいけどRPGをするなら最初から強いほうがチマチマと育てずに
いわゆる強くてニューゲーム状態で進められるから、時間のない人には向いているのか。
ただゲームの醍醐味ってのは味わえないかもしれないけどね。