Publisher Studio

2015/01/22

【ランチが断然お得】 かつランチ定食 とんかつ赤城@相模原



3ヶ月ぶりに相模原とんかつ赤城で昼食。

訪れた時間はお昼ちょうどの12時。
冷たい雨の降る平日なので混雑はしていないだろうと思いきや既に満席。
10分ほど外で待たされての入店。


かねてより気になっていたランチタイム(11~14時まで)限定の「かつランチ定食」
ちょっとボリュームを抑えたお手軽とんかつランチとあり、ロース又はヒレが選べる。
なおランチは定食セット(ご飯・味噌汁・お新香)が一緒に付いて880円とお値打ち価格。
最近ロースの脂身がキツくなってきたのでヒレカツでオーダー。
思えばトンカツを食べるのって今年初めてだな。




ランチメニューなので全体的に小さいのかと思いきや、キャベツタワーは健在。
なお通常メニューのお皿は縁が青いがランチのお皿は縁が白い。
また通常と比較してランチは気持ちお皿が小さいか?真ん中に少しくぼみがある。

ゲンコツ大と記載されたヒレかつ定食の2つ分をカット。
ちなみに隣が頼んでいたロースのランチをチラ見すると、うすかつ1枚ぐらいの厚さだった。

それにしても分厚いな。恐らく4cm以上はあるだろう。
これでちょっとボリュームを抑えてあるってホントかね。十分でしょ。


断面だけでは大きさがピンと来ないので横のビジュアルを撮影。
カツカレーで食べたカツの衣と違ってザクザク食感。

分厚いヒレ肉ではあるが中までしっかり火が通って臭みは皆無。
食べた時に歯の間に挟まるような繊維質の肉ではなく実に柔らかい。
正直、4切れだけでは物足りなく感じてしまう。
・・・とは言えキャベツの存在が大きく途中でキャベツだけでご飯を食べる羽目になってしまった。
カツとのバランスを考えるとキャベツ半分がちょうど良いのかもね。

今までとんかつ赤城に来ると「お腹いっぱいで苦しい」となっていたのだけど、
かつランチ定食はそこまで苦しくなることもなく、程よい満腹感で十分に満足できる。
キャベツ半分だったらご飯をお替りするのもアリだね。

ボリュームも値段もお得な「かつランチ定食」オススメです。