Publisher Studio

2015/02/15

成長展

本日は息子の通う保育園で成長展が開催された。


内容的には保育園で過ごした子供たちの1年間の記録と作品展。




ここの保育園は主に子供たちが主体で動いており、誰かが何かをやりたい!と言い出すと、
みんなで色々と決めて動くというスタイル。保育園側が「今日はこれをやります」という提案は
殆ど無く、子供が自由な発想で試行錯誤して物事を進めていくのだ。


お菓子の家を作ったり、海でタコ捕り、自転車で境川沿いを走って江ノ島まで行く、
自家製で豆腐や納豆を作る、お化け屋敷を作る、茶道を真似してお茶を点てるなどなど
子供たちが自らやってみたいと言い出したことばかり。
こうしてみると、こうなる。だから今度はこうしよう・・・と、園児達が知恵を出し合い
協力して1つのことを成し遂げていく。
お勉強系の保育園ではなく、体や頭や発想を豊かにするのが園の方針らしい。

最年長の我が息子は今年の春に卒園を迎える。
成長記録を読みながら3年間通った保育園で立派に成長したもんだとシミジミ思った。