Publisher Studio

2015/10/21

アルペジオ&ここさけ 来場者特典の出品

昔は来場者記念特典は大事に保管していたが、飾ったり再び見ることも無くそのまま箪笥ならぬ
ファイルケースの肥やしとなっていた事や、ここ数年でアニメ関連グッズやフィギュアを収集する
熱が冷め、売れるなら旬の内に売ろうということで、先日、観に行ってきた【蒼き鋼のアルペジオ
Cadenza】の来場者特典ミニ色紙「イオナ&ムサシ」と【心が叫びたがってるんだ】来場者特典の
「オリジナルボイスドラマ アクセスカード」を出品。


この手のグッズは旬の時が売り時なので入札期間は2日に設定。

ところでアニメグッズ出品で注意しなければいけないのは新規の入札者が意外と多いってこと。
以前、サイコパス設定集を出品したときに新規落札者が連絡もよこさずバックレてしまい、
初めて落札者都合による落札者の削除をした経緯があったんだよね。

そこで現在出品中の入札履歴を見てみると、新規と評価300の2名が競り合っていた。
一応、同時期にイオナ&ムサシ色紙を出品している数人の方の入札履歴もチェック。

するとオレのところで落札を競り合っている新規が他のところで現在の最高額入札者となっていた。
更に他のイオナ&ムサシ色紙を見てみると、そこでもその新規の方が最高額入札者になっている。

これって一番安く落札出来たところと取引して他のところはバックレるんじゃないのか?
それか本当にイオナ&ムサシ色紙が何枚も欲しくて大量に入札しているのか?

なんとな~く焦臭い感じがするで多重に入札している新規をブラックリストに追加。
そもそも出品するときに「入札者評価制限」をかけているのになんで入札してくるんだろね?

・・・というワケで、最終的にイオナ&ムサシのミニ色紙は評価の高い人が3,200円で落札、
またアクセスカードは1,000円の値段で落札があった。
色紙はともかくアクセスカードまで値が付くとは思わなかったよ。
まぁ貰っても日の目をみないのであれば、欲しい人に譲ったほうが特典も喜ぶってものか。

しかし特典おかげで映画代と食事代が浮いちゃった。ラッキ~