Publisher Studio

2015/11/25

着くか着かないか?条件付き 御蔵島への出張



本来であれば今月は小笠原諸島に出張だったが、先方都合で急遽キャンセル。
そこで新たな出張先として今日から2泊3日で東京都は伊豆七島の御蔵島まで行くことになった。

さて、御蔵島はこの時期(ドルフィンスイム期間を過ぎた頃)になると殆ど条件付き出港となり、
竹芝を出港してからひとまず島の周辺まで行ってはみるものの、大きなうねりがあったり
南西の風が強かったりすると着岸できず、欠航になってしまうという気難しい島なのだそうだ。

一応、行き(下り便)がダメでも八丈島で折り返して帰り(上り便)にもう一度トライするが、
それでもダメならそのまま竹芝まで戻ってしまう。単なる24時間クルージングってヤツだね。

どうしても島に行きたいという場合は帰りに三宅島で降りてチャーター船なりヘリコプターで
御蔵島に行く手段もあるけれど、今回の出張はそこまでの重要な案件ではないため、
上司からは「のんびり優雅な船旅を満喫しておいで~」と言われている。

・・・ただよく考えると島に着岸できないほどの波と揺れ、しかも台風26号が沖ノ鳥島近海から
小笠原近海に向けて進んでおり海はシケている。まず優雅なクルージングは出来ないだろう。

昼頃に東海汽船のHPを見ると本日の運行状況は「天候調査中」の△マークが付いていたが
御蔵島発12:35の便が就航していたので欠航は無いだろうと予想。
案の定、17時過ぎの天候調査の結果、条件付きで出港することが決定した。
やっぱり行くことになったか~台風の影響でメチャクチャ揺れるのかと思うとテンション下がるな~

まぁ酔い止め最強と言われているアネロンニスキャップがあれば揺れても大丈夫だろう。
過去に神津島や小笠原に行った時もアネロンのおかげで酔い知らずだったもんな。

3個入り495円と6個入り698円で悩んだけど、途中で追加投入を考えて6個入りを購入。


ちなみにアネロンは1カプセルで1日中ずっと効くとあるが、乗船1時間前に1つ飲んでおいて
5~6時間したら追加で飲むと全く酔わないのだ。マジでこれは凄いよ。科学(医学)の勝利だよ。
(オレみたいに船に弱い人は6時間ぐらい間隔を空けて飲むと継続的に良く効く)

通常航行であれば夜の22時半に出港して翌朝5時55分に御蔵島に到着するため1カプセルで
大丈夫だけど、そのままスルーして八丈島に向かった場合は追加で飲んでおかないと
途中で気持ち悪くなりそうなんだよね。
仮に午後の便で御蔵島に到着した場合、3カプセルだと既に2つ飲んじゃっているので
帰るときに1カプセルだけでは心もとない。だったら余分でも6個入りが良いのだ。

ところでずっと橘丸で行くものと思っていたら、まさかの船体の一部損傷で急遽ドッグ入り。
代わりにさるびあ丸の運行となっていた。橘丸だから個室になった2等和室を選んだのに残念だ。

更に宿泊先のHPを見ると、今月の初め頃から島全体でインターネットの回線速度が
異常に遅いらしく、NTTの機器故障が原因と書いてあった。

たまにはネットから離れた生活を送ってみるのも悪くないのかな?と思ってはみたが、
御蔵島は歩いて観光する場所が殆ど無いと聞いていたので飽きそうだわ・・・

関連ブログ
まさかの展開 21時間クルージング
『さるびあ丸の過ごし方』 乗船準備から船内散策