Publisher Studio

2015/12/26

ラーメン二郎の食べ納め 相模大野@スモジ



2007年から自ら勝手に始めた年末恒例イベントのスモジ食べ納めに行ってきた。

その前に突発的な臨時休業があるスモジは公式ブログをチェックしないと無駄足を踏むので、
事前に営業状況を確認。すると公式ブログに「食べ納めはお済みでしょうか?」と書いてあった。
なになに~?これって店主も意識しちゃってるのか~?と勘ぐってみたりして。

さて、店に着いたのはお昼12時ジャスト。
並びは店内のみで思ったよりも混んでいない。スモジ納めするひとは少ないのか?
・・・と思ったらオレが並んでから数分で10人ぐらいが並びだした。タイミングが良かったんだな。

ところで今年最後のスモジ食べ納めは絶対に「賄い」と心に誓っていたのだけど、
券売機を見ると賄いが売っていない。なんでだ?あれって期間限定なのか??
公式メニューには「まぜ麺です!ぐっちゃぐっちゃに混ぜやがれ!!」とか載ってるのに何故だ?

普通のしょっぱいスープのラーメンは食べたくないので結局つけ麺(850円)にすることにした。
ついでに「ぶためしの頂上テッペン(200円)」も購入。

何も入れない「そのまま」で注文。ニンニクを入れるとお腹の調子が悪くなるんだよね。

ブタは分厚いけど脂身もたっぷりスープに浮いちゃっている。
よく注文時に「脂」って頼む人がいるけど、なんか凄いなぁ~といつも思うよ。

よく冷えたつけ麺は普段よりも硬めにシメられ、また歯ごたえもプツプツと良い。
また汁に麺を全部入れるより1/3だけ漬けて食べると、しょっぱさが抑えられ塩分も控えめになる。

ちなみにオレは浮いてる脂は全てレンゲの上に避け、またブタに付いている脂身も外して
食べるようにしている。今日はいつもよりも脂身が多かったので食べるのに苦労した。

最後になるけど今年のスモジ訪問回数は今日を含めて9回。
そのうちラーメンを食べたのは僅か1回で後はつけ麺6回に賄い2回だった。







正直スモジのラーメンはスープがしょっぱく塩分多価、麺デロでブレまくっているのが気に入らず
安定しているつけ麺の方ばかりを食べてしまっていた。

ただ途中で賄いの存在に気が付き「つけ麺は卒業だ!これからは賄いだ!」なんて思っていたが、
期間限定での販売っぽいのでちょっとガッカリ。常時販売して欲しいよ。
ただ値段が高いのが玉に瑕。900円はちょっと高いわな。

そう考えると以前のブログにも書いたけど、2006年まではラーメン600円、2007年に650円、
2014年4月に消費税導入で670円、そのすぐ3ヶ月後に豚の値段が高騰して10円値上げの680円、
そして今年11月は20円の値上げで700円がラーメンの値段。

10年で100円の値上げが高いのか安いのか分からないが、昔はラーメン二郎って安い値段で
お腹が苦しくなるまで食べれるイメージがあったけど、今は麺の量もブタの厚みも減ってきて
「ガッツリと二郎を食ってきた~」という達成感が無くなっちゃったよね。

ま、それでもたまーに食べたくなるのがラーメン二郎の魅力でもあるので、賄いが復活するであろう
春先ぐらいの時期にまた行くかな。それまでしばらくスモジはお預けだな。