Publisher Studio

2016/05/22

【保証内は何度も無償】 RX100m3 映像素子の点検清掃



映像センサーにゴミが付着したDSC-RX100m3の清掃が完了したとソニーの修理センターから
電話連絡があった。(経緯ブログはコチラ
内容的には「映像素子にゴミの付着が認められたため分解清掃を行った」とのこと。

メーカー保証内なので清掃代金等は無料だけど、自宅までの発送料金が1,296円かかるので
宅急便の人に代金を支払うように言われる。

せっかくなので電話の担当者に「仮に再び今回のように映像素子へとゴミが付着した場合でも
メーカー保証内であれば無償で清掃して頂けますか?」と聞いてみると「保証期間であれば
無償清掃は可能」と教えてもらった。

更に「保証が切れた場合の清掃料金はどうなりますか?」との問には「一概には言えないけれど
恐らく目安料金としてHPに提示している15,000円+税と引取サービスであればその金額が
加算されたもの」と言っていた。

更に更に「自分と同じように映像素子にゴミが入ったという修理は多いですか?」と聞いてみると
「定期的にはあるけれど多いほどでは無い。またカメラ自体が完全密封では無いことと
沈胴式(ズームレンズ)は筒内の気圧差で隙間からゴミを吸い込むことがある」とのこと。

・・・ま、この手のチリゴミの混入はズームレンズの宿命みたいなもんか。
でも以前使っていたオリンパスXZ-2は結構な頻度で使ったけどゴミの混入は一切無かったな。

先程も書いたけど今回はメーカー保証期間内なので無償だったけど、保証が切れたら
センサーの清掃料金だけで約18,000円も取られるってことになるのね。やっぱ高いわ~


ところで「映像素子の点検清掃を実施致しました」とは書いてあるけど、よくよくレンズを見ると
少しだけ混入していた僅かなチリのようなモノも取れている。

もしかしてレンズユニットを全交換したんじゃないか?と思って他のブログ等を調べてみたら、
「RX100は分解清掃ではなくユニット交換になる場合がある」と書いてあった。

なるほどねぇ~だから新品同様にレンズ周りがピカピカで戻ってきたのか。
それならば清掃料金で18,000円も多少は納得・・・かな?