Publisher Studio

2016/09/25

【甘めスープ】 郎郎郎さぶろうラーメン@町田




久しぶりにスモジが食べたかったので日曜でもやっていたっけか?と公式HPを見ると、
今日は千秋楽というイベント開催日。

ツイッター情報によると朝8時の時点で10人待ち、9時には30人、10時で60人も並んでいるとか。
単に炙り豚ってだけでそんなに人気なのかねぇ?

・・・というワケで町田にある郎郎郎(サブロウ)に初訪問。

場所は小田急町田駅の東口から徒歩5分。
ラーメンおやじの前を通って町田シバヒロのすぐ近くの交差点に位置する。

真っ黄色な看板に黒字が目立つので見落とすことはないだろう。
店の前にはラーメンの写真と値段を書いたメニューがあるので初訪問でも
戸惑うことは無かった。

訪れたのは午後2時過ぎ。
店内はL字のカウンター席とテーブル席となっており集客席数は多い。
 入店と同時に食券を購入する。
注文したのはスタンダードな「さぶろうらーめん」の普通盛り(680円)
ちなみに量はプチが200g、普通300g、大盛400gとなっている。

食券を渡すとトッピングを聞かれるので「しょうが、脂少なめ、揚げ」で頼んだ。
このとき「揚げ」とは何なのか聞いてみると店内オリジナルの揚げ玉と説明があった。
スモジや他の二郎店舗はラーメンが出来たタイミングで聞かれるので一瞬戸惑っちゃったよ。

待っている間に券売機のメニューラインナップを見ていたら「さぶろう日替わり無料トッピング」とあり、
「無料トッピングをご希望のお客様は下の食券をご購入ください(0円)」書かれた項目が目に入る。
てっきり無料のトッピングは野菜や揚げの事だと思っていたよ。
既に注文した後だったので聞かなかったが家に帰ってググってみたら「おかかおにぎり」や
「キムチおにぎり」をラーメンに添えてくれると知った。どうやら無料トッピングはおにぎりなのね。

ほどなくして「さぶろうらーめん」が運ばれてきた。

先程も書いたけどトッピングは揚げとしょうがのみ。野菜の量は普通。
店舗オリジナルの揚げはカリッっと香ばしく、また、写真でも分かるように豚バラチャーシューは色的にも
味が染みてはいるけど歯ごたえがあるかな?でもオレはこれぐらいが「肉を食べてる感」があって好き。

麺は太めの平打ちで二郎っぽい感じ。固さは普通で頼んだがグニッっとモチモチした食感で食べやすい。
スープは甘めで藤沢ラーメン二郎を思い出したよ。
でもスモジの場合はしょっぱすぎて喉が渇くけど、ここのスープは甘めではあるが卓上のタレ(カネシ?)を
足して味を調整できるのが良い。あとトッピングされたショウガを溶かすとパンチが効いて引き締まると分かった。

「300gなんて余裕で食べれる。むしろ足りない?」なんて食べ始めは思っていたけど、なかなか麺が減らずに
最後の方になってくると辛くなるね。野菜を多めで頼んだら残していたかも。
これで無料トッピングのおにぎりが付いたらかなりお腹が苦しくなるね。

しかし町田でラーメン二郎系インスパイアと言えばぎょうてん屋の「ぎ郎」と町田大勝軒の
「とんこつ野菜ラーメン」しか食べたことがなかったけど、正直イマイチだったんだよね。
だけど朗朗朗のさぶろうラーメンは甘めのスープさえ調整すれば個人的には有りだなと思った。