Publisher Studio

2018/07/28

【ガミガミ親父の不在は土曜日?】 豚珍館@新宿




新宿はトンカツの店「豚珍館」に行ってきた。

訪れたのはランチタイムを少し外した13時半頃。
今日は午後から台風12号が関東に接近するためか、それとも土曜日だったためか、並びはゼロ。

席に座ると同時に注文を聞かれ、30秒でお茶と箸と小鉢が出され、1分後にはトンカツが出てくる。
このスピード感こそ豚珍館の真骨頂。

注文したのはとんかつ定食(950円)
思えばこの店でとんかつ定食以外を頼んだことが無い。
隣の人が紙かつを頼んでいたのでチラ見すると、駄菓子のBIGソースかつのような薄いトンカツが2枚。
それをおかずに御飯3杯をお替りしていた学生さんはトンカツより米を食いに来ていたと悟る。

やや衣が焦げ気味ではあるが、以前ほど真っ黒な衣ではなかった。
今日みたいに空いていると丁寧に揚げているのかね?

お菓子みたいなザクザクした衣の食感、やや脂身が多かったけど柔らかい肉、そしてこの分厚さ。
それでいて950円という価格。普段は行列が出来るってのも頷けるよ。

前は豚汁の具が殆どない豚スープだったけど、今日のは大根と豚の切れ端が大量に入った
まともな豚汁だった。卓上の七味を少し入れて食べると特に美味い。
ちなみに店員が常に豚汁チェックしているため、少なくなると「おかわりどうですか?」と勧めてくる。

そういえば今日は名物ガミガミ親父が不在だったため、店内及び店員同士は終始和やか。
女性店員が「今日は江ノ島がなんちゃら・・・」と私語をする余裕さえあった。
ふと思ったけど、あのオヤジの存在ってスモジ劇場が開演されている時と同じ緊張感に似ているね。
自分が怒られているワケじゃないけど、なんかイヤな気分になるっていうかさ。

ひとまず土曜日はあのうるさい店主が居ないってのは分かったので、ゆっくり食べたい人は
土曜日に行くことをオススメします(たまたま今日は居なかっただけかも・・・)