Publisher Studio

2017/11/18

【焼肉プレート】家で焼肉するなら断然オススメ




今宵は久しぶりに自宅で焼肉。
前はライフの焼肉6点盛りセット(1,580円)を買ったが、今日はFUJIスーパー(富士シティオ)の
焼肉5点盛り(1,380円)と牛肩ロース焼肉を購入。

ライフの6点は「豚トロ・豚バラ、牛肉バラ・ロース・タン・リブ」が510gだったけど、FUJIスーパーの
5点りは「牛肉バラ・牛肩ロース・豚バラ・豚肩ロース・豚ネック」で500gとなっている。
なお豚ネックは要は豚トロのこと。ただ1頭からあまり取れない希少な部位の割には安いのは何故だろう?
脂っぽくてあんまり美味しくないからかね?オレもあまり好きじゃないし・・・

ところでカセットコンロ用焼肉プレート(CB-P-Y-3)に乗せた焼肉風景を撮ってはみたが、
たっぷり肉や野菜を乗せてガッツリ焼いている写真ならともかく、チマチマと肉を乗せた写真というか
肉オンリーの場合はあまり絵にならんな~これが炭火の網焼きだったらもっと絵になったのかも?
ちなみに焼肉プレートは過去に何度も紹介しているけど、見ての通りプレートの周りには溝が切ってあって、
そこを伝って油が穴に落ちる。穴の下に水が張ってあるから脂が燃えて煙が出ることも無い。
とは言っても肉から立ち上る煙と脂があるので全く煙が出ないワケじゃないけど、よくあるホットプレートで
焼肉をするよりは断然煙は少ないだろう。それと脂は飛ぶのでテーブルには新聞紙を敷いておくと
ビジュアルは悪いが後片付けがメッチャ楽だよ。プレートは簡単に水洗いして新聞紙は丸めてポイ。
室内に多少は焼肉臭が残るも外で焼肉を食べるより全然安いわな。

・・・ただ外で焼肉ってのはなんかテンション上がるしプライスレスなのか。