Publisher Studio

2018/01/10

【久寿餅】黒蜜の小出しはダメ




娘が川崎大師に行くというので、名物である「久寿餅」を買ってきてもらった。
去年は「住吉」を買ってきたが今年は「住吉屋総本店」のもの。

「凄く重かったよ~」と言うので量ると1.2kg越え。そりゃ重いわな。

既に一口サイズにカットされており、お皿に出して黒蜜ときな粉を塗すだけで手軽に食べられる。


食感は弾力ある「ういろう」みたいな感じ。

ただ甘さが無いのでプレーンで食べるのはオススメできない。大槻班長なら「黒蜜ってやつはさ、
小出しはダメなんだ。かける時はきっちりかけた方がいい!」と言うに違いない(多分)
そもそも付属の黒蜜は大きなボトルに入っているので久寿餅だけで使い切るのは難しいかも。

黒蜜をたっぷりかけてきな粉と塗して食べると旨い・・・けど、激ウマ!ってほどではない。
ぶっちゃけ黒蜜ときな粉の混ざったところが旨いだけって話もある。

賞味期限が2日程度、量が1kg越えと大量にあり消費ノルマに追われて食べ飽きてしまうのだが、
それでも「川崎大師に行く」と聞けば「じゃあついでに買ってきて」と言ってしまう不思議な魅力が
ある久寿餅なのであった。