Publisher Studio

2019/01/11

【らーめん花楽】侮れない塩バターの旨さ@相模大野





新年会の帰り道。

どうしてもラーメン食べたい欲求に負けて相模大野のらーめん花楽に行ってきた。
注文したのは塩バターらーめん(600円)
メニュー表をよく見ると「塩バターらーめん」と書かれた頭に白地で「太麺」と書いてある。



他のラーメンもよく見ると「細麺」とある。全く気が付かなかったよ。
ちなみに太麺は「味噌系」と「塩バター」で他は全て細麺となっていた。

久々に食べるらーめん花楽の塩バター。そもそも花楽で塩バター以外を食べたことがないかも。
あと前は黒いドンブリで家系ラーメンを真似しているのかと思ったが、再び元に戻っていた。
いわゆるチェーン店のラーメンではあるが、これが侮れない味なんだよね。
特にスープのスッキリした塩味がトッピングのモヤシとワカメに程よい塩加減を加えて
妙に旨く感じるのだ。
またモチモチした中太麺に馴染んでくるのにイイ。

途中、レンゲの上に退避させておいたバターをスープに溶かして食べると塩味スープが
濃厚でコク深い味わいに変わって実に美味いんだわ~
塩分を欲する身体がスープを完飲してしまいそうになるが、ここは気力で抑える。

超絶うまい!ってほどのラーメン屋ではないけれど、相模大野駅の周辺で深夜1時まで
営業しているラーメン店は花楽と武骨家の他にないので、小腹が空いていたり飲んだ帰りの
シメに食べるならオススメです。