Publisher Studio

2017/08/23

【水槽】 LEGLASS クリスタルキューブ200を買う




我が家では100均ダイソーで買った平べったい睡蓮鉢(金魚鉢)で金魚を飼っていたが、
先日お祭りにて新たに金魚を取ってきたため、さすがに手狭だろうと少し大きめな水槽を購入。

選んだのは20cm立方体の「寿工芸 コトブキ クリスタルキューブ200(LEGLASS)」
リビング内に置くので多少は見栄えが良いようにとフレームレスにしてみた。


なお、Amazonのレビューでは梱包がイマイチでガラスが割れていたなんてあったけど、
特にそのようなことはなくプチプチでしっかり包んであったので破損は無かった。

なおポンプ付きの水槽も売っていたが、数匹の金魚であれば特にポンプまでは必要ないっていうか
実際に睡蓮鉢だけで1年以上も我が家の金魚は生きているからね。エアポンプ独特のジーという
微妙な振動音も気になるし。高級品は静かと言うけど金魚にそこまで金は掛けられないわな。

水槽の中には取説とガラス蓋とガラス蓋受けが付いてくる。




それと水槽の下(箱の内側)にウレタンマットが付いてくるのでうっかり捨てないように注意。

ガラス蓋は全てを覆うのではなくポンプ設置やエサを入れやすいように少し隙間がある。
受けはプラスチック製ではあるが、ガラス蓋自体は重くないので不安定ってことは無いね。

唯一、気をつけるのはフレームレス水槽なので持ち手が無いこと。
故に水を入れたあとに下から抱えて持たないと危険。というか水を入れるとかなりの重量だね。
20cmだから大したことないだろうと持ち上げたら意外と重くてビックリした。


平べったい金魚鉢の時には何も入れなかったけど、今度は高さがあるので水草を入れてあげたら
なんとなく「アクアリウムしてるじゃん」って感じになったので買って良かったな。





2017/08/22

【1,500円】 サムラート新宿でランチブッフェ




新宿にあるインド料理(カレー)の店「サムラート」でランチバイキング(90分1,500円)
時間は11時から16時半までと長い。


場所は新宿東口のB10出口を出てすぐ。セノビルという雑居ビル7Fにある。

店内はエキゾチックな雰囲気。各テーブルは薄いカーテン(のれん)で間仕切り。

訪れた時間は12時頃。客層は1人の女性客もしくは2人組が多かった。
男性客はあんまり見かけなかったな。全体的に空いているので待たされることは無し。

メニューを渡されるので一通り目を通す。

カレー食べ放題のランチブッフェを頼む人は少なくランチセットを頼む人が多かった。

ブッフェを頼むと店員より3個の器とサラダ用の皿が乗ったトレーを受け取る。
6種類あるカレーの他にサラダ(キャベツ千切りのみ)やタイ料理(ガパオとカオマンガイ)
それとデザートがある。なおサラダのドレッシングはゴマドレのみ。



6種カレーは甘口と中辛のみ。辛さの調整はヨーグルトソースの近くにあるチリペッパーで各自がお好みで。

インドカレーによくあるスープ状ではなく、若干トロミのあるもの。

ブッフェにナンが無いのは焼き立てを提供してくれるから。故に熱々。
テラテラ光るバターオイル(ギー?マカーン?)のほどよい甘みがカレーにマッチ。
ただし調子に乗って食べ過ぎるとお腹が膨れてしまう。

サムラートのカレーは全体的にどれも美味い。ハズレなし。
中でもイチ押しは甘口バターチキンと中辛マトン。甘いだけでなくスパイスの味わいもしっかり。

よく羊肉のマトンは臭いと言われるがスパイスが効いてて匂いは皆無。
ゴロゴロと分厚いマトンは肉質十分で食べ応えあり。3回もおかわりしちゃった。

シメのデザートはタピオカとハンドメイドヨーグルト。

想像していたタピオカの味と違ってオレは苦手。でもこれが本当のタピオカなのか?
あとヨーグルトは酸味が強すぎるのでソース多めが良いと思う。

女性には1,000円のランチセットが人気だったけど、男性は1,500円のブッフェでお腹いっぱい
カレーを楽しむのがオススメ。






2017/08/21

【ジュースが美味い】 マルス山梨ワイナリーを見学




山梨県内に多々あるワイン工場の中で、笛吹市は石和町にあるマルス山梨ワイナリーの工場見学に行ってきた。

ワイン工場の醍醐味といえば無料の試飲なのだけど、ここマルスワイナリーは見学コースから
試飲コーナーに続くのではなく、直接試飲に行くことが可能。

そもそも駐車場に面して工場がガラス張りになっているので、わざわざ見学コースを回らずとも
状況が見えるんだよね。

ただそのまま試飲に行くのではなく見学コースを歩いていくと、なぜかワインの歴史や紹介ではなく
時事の年鑑パネルが張ってあり、それがなかなか面白くてつい読みふけってしまう。
記憶だと1950年ぐらいから2000年までのパネルが張ってあったかな。
当時の流行語やニュースが書いてあって読み応えあり。なんだかんだで30分以上滞在。

その後はお待ちかねの試飲ブース。(入口に8月の無料試飲メニューが張ってある)

おちょこサイズの小さなプラカップを手に取り、あとは自由に試飲しまくる。
特に係員がワインを注ぐタイプではなくセルフ飲み放題。全部で7種類。

樽から出ている蛇口でワインを注ぐってのが面白いよね。勢い良く出ないようにもなっている。
オレはドライバーなのでグレープジュース(笛吹川)に舌鼓。2倍希釈してある割に濃くて美味い。
ワインを試飲しまくっていた奥さんも「口直しのジュースがうまい!」と絶賛。

娘も息子も「ジュースが美味しい」と気に入ったので、思わず一升のものを購入した。
他にもこの笛吹川という名前のジュースを買っている人が多かった。やっぱり人気なんだね。

ちなみに希釈しないでロックで飲んでみたら、あまりに濃すぎて顎の裏が痛くなったよ。
かき氷のシロップ代わりにしたらイケると思う。ソーダ割りもアリかもね。